天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

今日も勉強、頑張ってください~~_ 釜山サムライエッセイ0002

釜山サムライさんの第二号エッセイです。
勉強に対する集中力が見て取れます。
すごい集中力で勉強してたんですね。感心しました。
韓国語を勉強している日本の方へのエールとも思えます。


<今日も勉強、頑張ってください>
日本語の勉強をはじめて三年くらい過ぎたころのことかな。
勉強にすっかり嵌まっていたからか、それに関しておもしろいエピソードもありました。
今日の文章はそのおもしろい話の中の一つです。

私は自分が好きな何かをしようと一度決めたら、初志一貫というかたぶんそうする傾向があるんです。勉強に夢中になってからは、家族そろってご飯を食べるときもボンヤリとご飯を食べているばかりなんです。
妻から"口を閉じて何してるの"って言われても。。

しかし頭の中ではお膳にのせたすべてのものを日本語で思い浮かべているのです。運転する時も同じよう。。何かを主題として一人でしゃべるのです。すなわち、一人で会話の練習をするわけです。

そんな中、大統領選挙の時のことでした。
寝ようとして目を閉じたけど。。私が大統領候補になって大衆に向かって素晴らしい演説をやっているのではありませんか。(もちろん、私はべらべらまくしたてていたと思いますが。。。^^)

うまく進む演説の途中、急に思い浮かばない単語があれば即辞書を引きながら。。

こんなことが真夜中に何回も繰り返されたら、眠れないのは当然のことでしょう。

ある日は、毎日うちの近くにボンゴでやってくる商人がいました(新鮮野菜、魚などな、いろんなものを積んで)家の門の前で車を停めてハンドマイクを使って商売をするのです。

ところが、その日にかぎってマイクから流れてくる声がいつもの言葉ではなく、まったく違って聞こえるではありませんか。

韓国語ではなく日本語で。

何回も耳を凝らして聞いても間違いなく日本語でした。。。それで妻に頼みました。あの人、どの国の人なのかちょっと確認してきてくれって。。

我ながら呆れて、ふふんという笑いが出るのを禁じを得なかったんです。

そして、こういう症状が^^ますますひどくなって、とうとう韓国語を口にすることさえできなくなってしまったんです。これは大きな問題です。このままいったら大変なことになるぞと。精神科病院でもいって診察してもらおうか。。とも考えたことがあるくらいです。

こういう私なりの「険しい学びの道^^」というか、とにかく私なりにできるだけの努力はやってみました。
今も同じです。

これからも私が経験したおもしろい話を続けて書こうと思っています。

韓国語を習っている日本の方々が、この文章をお読みになったらどう思われるかは分かりませんが、私のようにならないようお願いいたします。^^

では、今日も勉強、頑張ってください~~




<오늘도 공부 열심히 하세요>
일본어를 공부한지 3년정도 지났을 때였을까..공부에 완전히 빠졌기 때문인지
그것으로 인해 재미있는 일도 있었습니다.
이번 글은 그 재미있는 것 중에 하나의 이야기입니다.
나는 내가 좋아하는 무언가를 하려고 한번 정하면
“초지일관”이라고 할까,상당히 그렇게 하는 경향이 있습니다.
공부에 열중하고 부터는 가족들이 모여서 밥을 먹을 때도 멍청히 밥만 먹을 뿐입니다.
아내로부터 “입 다물고 뭘 하고 있어요?” 라고 들어도...
그러나 머리 속에는 밥상에 오른 모든 것들을 일본어로 떠올리는 것입니다.
운전 할때도 똑 같습니다.무언가를 주제로 하여 혼자서 말하는 것입니다.
즉, 혼자서 회화 연습을 하는 셈입니다.
언젠가 대통령 선거 때의 일이였습니다.
자려고 눈을 감았지만, 내가 대통령 후보가 되어서 대중을 향해
연설을 멋있게 하고 있는 것이 아니겠습니까 (물론 나는 잘한다고 생각 하지만..) 
잘 진행하던 연설도중에 갑자기 생각이 나지 않는 단어가 있으면 사전을 즉시 찾으면서 ..

이런 일이 한밤중에 몇 번이나 반복 된다면 잠 잘수 없는 것은 당연한 것 이겠지요.
어떤 날은 매일 집 근처에 차를 가지고 오는 상인이 있었습니다.
(싱싱한 야채,생선 등 여러 가지를)집 문앞에 차를 세우고 핸드마이크를 사용해서 장사를 하는 것입니다.

그런데 그날따라 마이크에서 흘러나오는 소리가 여느때의 말과는 달리 전혀 다르게 들려오는
것이 아니겠습니까. 물론 한국어가 아닌 일본어로..

몇 번이나 귀를 귀울이고 들어봐도 틀림없이 일본어였습니다. 그래서 아내에게 부탁했습니다.
저 사람 어느나라 사람인가 알아보라고...
내가 생각해도 기가차서 웃음이 나오는 것을 참을 수가 없었습니다.
그리고 이런 증상이 점점 심하게 되어, 아예 한국어를 말하는 것 조차 안되게 된 것입니다.

이건 큰 문제이겠지요.
이렇게 하고 있으면 큰 일이 분명히 일어 날 것이라고 생각해 “정신과병원에 가서 진료를 받을까” 라고
생각도 한 적이 있었습니다.

이렇게 내 나름대로의 "험한 배움의 길"^^ 이라고 할까..
어쨌든 내 나름대로 할 수 있는 만큼의 노력은 해 봤습니다. 

지금도 마찬가지입니다.
앞으로도 내가 경험한 재미있는 얘기를 계속해서 쓰려고 하고 있습니다.
한국어를 배우고 있는 일본의 여러분들이 이 글을 읽으신다면 어떻게 생각 할지는 모르겠지만
저처럼 되지 않기를 바랍니다.

그럼 오늘도 공부 열심히 하세요~~


スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング