天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

「失敗した天才」、大学教授の夢を実現

日本にも勿論こういう天才はいると思いますが、
昔から韓国にはこういう天才がときどき現われていました。
フジテレビでの出演をわたしも見たような気がします。
子どもの頃天才でも、大人になってから凡人さらには廃人になるケースも多いのですが、
今日の主人公のキム・ウンヨンさんは見事長年の憧れであった大学教授の夢を叶え、
韓国で話題となってます。ご紹介します。(翻訳は筆者)。

************************************************************ここから引用。
0113tensai.jpg IQ210の明晰な頭脳で、6歳の時に微積分を解いて注目されたが地方大学に入学し、
'失敗した天才'というレッテルが貼られていたキム・ウンヨン(金雄鎔51)さんが、
大学の教壇に立ちたいという長年の夢を叶えた。 

世間が酷評した失敗した天才ではなく、自分が行きたい道を行くために黙々と努力してその成果を成し遂げたのだ。

忠清北道開発公社は、キム・ウンヨン事業処長がシンハン大学校教養学部教授に任用され、転職すると13日明らかにした。金処長は京畿北部開発研究院副院長職も務めた。

キム・ウンヨンさんは、忠北開発公社に勤務しながらも1993年から延世(ヨンセ)大学と成均館(ソンギュングァン)大学など11大学で学生達を教えながら大学の教壇に立つための訓練をし、1994年から2004年まではKAIST建設環境工学科の待遇教授として大学院生たちを教えた。

また彼は、1988年以降、専攻の土木工学関連論文100本余りを国内外の学術誌に発表するなど、旺盛な研究実績も積んできた。

5歳の時に4カ国語を駆使し、6歳の時日本のフジTVに出演、微積分を解き世界を驚かせた彼は8歳になった1970年、米国航空宇宙局(NASA)の招請で米国に渡り、コロラド州立大学大学院で修士・博士を終えて1974年から5年間NASA先任研究員として働きながら世界的な注目を受けた。1980年IQ210としてギネスブックに名前を連ねた後10年間、世界で最も高いIQの所有者として記録されるなど、'天才'であることはすでに立証されていた。

しかし、10代の若い年に一人で克服しなければならなかった米国生活に適応できず、1978年突然帰国して1981年地方大学の忠北(チュンブク)大学に入学すると、'失敗した天才'という酷評があふれ出した。誤った英才教育の弊害を議論する際、マスコミはきまって彼を取り上げた。

彼はしかし、決して世の中が評価するように'失敗した人生'を生きてきたわけではないことを実証するために努力した。仕事をしながらも研究した業績を論文として発表し、2006年'マルキーズ・フーズ・フー・イン・ザワールド(Marquis Who's Who In The World)'をはじめ、世界3大人命辞典に堂々と名前を載せた。2012年8月には'スーパースカラー(Super Scholar)'というアメリカの非営利団体が世界で最も賢い10人を発表する中、スティーブン・ホーキングなどと共に名を連ね再度話題をさらった。この団体は彼が世界で3番目にIQが高いと発表した。

大学教授を希望したが、地方大学出身者を受け入れてくれない慣行のせいで2006年忠清北道開発公社に入社、準公務員として働きながらも研究を怠らなかった彼は結局、大学の教壇に立つという長年の夢を叶えた。

キム・ウンヨンは "頭が良い天才として注目されたり有名になったりしたくない"とし、 "自分のしたいことを楽しくやりながら、家族や隣人たちと暖かく情をかわす平凡な人生をいきたい" と述べた。

彼は "長年の夢だった大学の教壇に正式に立つようになってわくわくする"、"後学たちの教育に情熱を尽くしたい" と付け加えた。

聯合news_
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2014/01/13/0200000000AKR20140113161300039.HTML?from=search

************************************************************ここまで引用。



スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング