天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

化粧水 _ 学生エッセイ0012

韓国の若者、大学生がどんな文章を書くのか。
学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその12回目でjugさんの作品。

<化粧水>
これは、日本で留学生活をした友人に伝え聞いた話だ。

留学生活で初めて日本に住むことになった友達は、
全部使ってしまった化粧水を買いに近くのデパートを訪れた。

化粧品店に入って店員に'スキン'がほしいと言ったら
友達をスキンの店までつれていってくれた。

友達の目の前にはあらゆる種類のコンドームがあった。

友だちは驚いて店員に改めて「スキン」と言った。
店員は、慌てて手でコンドームを指し示した。

友達は何かがおかしいことを悟り、
顔を叩きながら「顔に塗るの」がほしいと言った。

店員はやっと友達を連れて再び化粧品の店に戻った。

韓国では顔を洗ってから顔に塗るのを「スキン」というけど、
日本では「化粧水」というのであった。

さらに日本で使われる「スキン」の意味は、
今ちょうど20歳になった友達の顔を赤くするのに十分だった。

この話を聞いてから、
もし私が日本で化粧水を買う機会があったら絶対ミスしないようにしようと思った。

多分そのデパートの店員もあわてたはずだ。
化粧品の店に「スキン」を探すお客さんが来たわけだから…。

<스킨>
이건 일본에서 유학생활을 했던 친구에게 전해 들었던 이야기이다. 유학 생활로 처음 일본에서 살게 된 친구는 다 쓰고 없는 스킨을 사러 근처 백화점을 찾아갔다. 화장품 가게에 들어가 직원에게 '스킨'을 추천해달라고 했더니 친구를 화장품 가게에서 벗어나 어느 장소로 데려다 주었다. 친구의 눈앞에는 온갖 종류의 콘돔이 있었다. 친구는 당황해서 점원에게 재차 ‘스킨’이라고 말했다. 점원은 당황해 하며 손으로 콘돔을 가리켰다.  친구는 무언가 잘못된 것을 깨닫고 얼굴을 두드리며 ‘얼굴에 바르는 것’을 달라고 말했다. 점원은 그제야 친구를 데리고 다시 화장품 가게로 돌아갔다. 한국에서는 세안을 하고 얼굴에 바르는 것을 ‘스킨’이라고 하는데, 일본에서는 ‘화장수’라고 하는 것이었다. 심지어 일본에서 쓰이는 ‘스킨’의 의미는 이제 막 20살이 된 친구의 얼굴을 빨갛게 만들기에 충분했다. 이 이야기를 듣고 나서 만약 내가 일본에서 스킨을 살 일이 생긴다면 절대 실수하지 말아야겠다고 생각했다. 아마 그 백화점 직원도 당황했을 것이다. 화장품 가게에서 ‘콘돔’을 찾았으니까…….



スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (54)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング