天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

天然ボケ_ 学生エッセイ0002

学生エッセイシリーズ002も、bcj君の作品です。
天然ボケというテーマで書いてます。
日本のドラマなどについてかなり詳しい学生です。
漫才なども、韓国ではあまり見られないのですが、日本の漫才などを楽しんでいるようです。
今はネットがあり、youtubeなどでリアルタイムで日本のものが見られる時代になり、
語学学習も、昔とは勉強スタイルもかなり変化しています。
前は本でけで勉強してましたので、発音とか表現とかが、かなり「変な」場合もありましたが、
今は、動画で見れるので学生らの発音は非常によくなってます。ひょっとすると年の高い先生(教授)よりも
発音などはいい場合も見られます。現代の語学の教師は大変です。
本国でネイティブのような発音を身につけた学生がわんさといるので、
そういう学生よりも発音が「下手」な場合があったりして、冷汗ものだと思います。

天然ボケ
天然ボケという言葉は日本だけが持っている言葉である。
テレビ番組で俳優さんによく「天然ですね、天然キャラだよ」という形で使われている。
なぜあだ名のように使うのかというと、ドラマや映画で賢く出ている俳優が、バラエティ番組とか出ると、
「隙間だらけ」の普通の人間または変わり者として扱われたりするからだ。
普通より上の人もあると思うのだがそれはあんまりないと感じた。
ドラマでも有名な女優としては、天然と言われる「綾瀬はるか」。
「ホタルノヒカリ」で活躍していたころをみた私は、その天然さは演技だろうと思いきや、
一般の番組でもそう変わらない姿で登場しみんなを笑わせた。
このようにドラマでも普通の時でも同じ場合もある。
漫才のときは天然ボケとして大きな活躍がみられる。
ボケ役が何が問題かという形で話せば、ツッコミ役はこれが間違ったんだろうと返し、それを正しく言ってあげるのだが、とうていボケはその間違いを認めない。これらのやり取りがあってこそ漫才があるのだと思う。
「天然」と「天然ボケ。」同じ天然を使ったことばだけど、天然と天然ボケは、こんなに違いがあるのかと、
その意味の違いを知ったきっかけにもなった。

[이 천연보케라는 말을 일본만이 가지고 있는 말이다. TV 방송에서 배우에게 자주 천연이네요, 천연 케릭이네요 라는 형태로 사용되고 있다. 왜 별명처럼 붙이는가 라고 물으면, 드라마에서 영화에서 영리하게 나오는 면이 많은데 실제로 비교해서 버라이어티 방송이라든가 나오면 빈틈 투성이 평범한 인간 혹은 별난 사람이라고 취급된다. 그 중에서도 평범한 것 보다 위인 사람도 있지만 그러한 일은 거의 없다고 느꼈다. 드라마에서도 유명한 여배우로서 천연이라고 불리는 [아야세 하루카]는 [호타루노 히카리]에서 활약하고 있을 때를 본 나는 그 천연함은 연기겠지 라고 생각했더니 일반 방송에서 그렇게 변하지 않은 모습으로 등장해서 모두를 웃겼다. 이러한 드라마에서도 평범할 때에도 같은 경우도 있다. 만자이를 할 때는 천연보케로서 큰 활약을 볼 수 있다. 보케역이 뭐가 문제냐고 묻는 형태로 이야기하면 츳코미역은 이것이 틀렸잖아 되 받아 치고 그것을 올바르게 말해주지만 도저히 보케는 그 잘못을 인정하지 않는다. 이러한 주고받음이 있어서 만자이가 있는 것 이라고 생각한다. 같은 천연과 천연보케의 의미 같지만 이렇게 다른 점이 있는 것을 알게 된 계기가 되었다.]
スポンサーサイト

土下座 _ 学生エッセイ0001

わたくしが担当している学生(韓国人、日本語科)らのエッセイをご紹介するシリーズです。
おもしろい作品がありますので、それらをときどきここのブログで発表していきます。
韓国の大学生らが、どんなことを考えどんな文章を書くか、お楽しみに。
きょうはさっそくその第一回目として「土下座」という主題のエッセイを発表します。
作者はbcj君です。
原文は韓国語です。
それを学生本人が日本語に直してます。
間違い部分があるので、わたくしが適当に直しております。
韓国語の勉強をされてる方を意識して韓国語の原文を掲載しております。
ご参考まで。


土下座
今、現在日本は「半沢直樹」ブームだ。
半沢が上司に向かって「土下座して下さい」「土下座してもらいます」という言葉がよく出てくる。
土下座って一体何なのか。
このドラマのきっかけで調べたところ、こんな意味があった。
「土下座は深い謝罪や請願の意を表す場合に行われる」よく考えてみれば土下座する場面はみんな、
何かを誤ってそれを償いたくて表しているのにきずいた。
私がなぜ、ここまで一つの行為にこんなにこだわるのかと言うと、韓国の風習として存在していないからだ。
あるとしても「チュソク」、「お盆」のような特別な日で
上の人にありがたい気持ちを伝えるとか、亡くなった人に向けた感謝の気持ちだろう。
日本は「謝罪」、韓国は「感謝」の視点で見ると大きく違う。
そしてこのような文化は中身を知らないと理解するのはむずかしいと思う。

[도게자]
지금, 현재 일본은 [한자와나오키]붐이다. 한자와가 상사에게
[도게자 해주세요] [도게자 해주셔야 됩니다] 라는 말이 자주 나온다.
도게자 라는것이 도대체 무엇인가.
이 드라마를 계기로 조사해본 결과 이런 의미가 있었다.
[도게자는 깊은 사죄나 청원의 의를 표하는 경우 행해진다].
잘 생각해보면 도게자하는 장면은 모두 무언가를 잘못해서 그것을 속죄하고 싶어서
나타내는 행위라는 것을 알았다.
내가 왜, 지금까지 한가지 행위에 이렇게 구애하는가 라고 물으면
한국의 풍습으로서 존재하지 않기 때문이다.
있다고 한다면 [추석], [명절]과 같은 특별한 날에 웃어른에게 감사하다는 기분을 전한다든가,
돌아가신 분에게 감사의 기분일 것이다.
일본은 [사죄], 한국은 [감사]라는 시점으로 보면 크게 다르다.
그리고 이러한 문화는 속을 모르면 이해하는 것은 어려울 것이라고 생각한다.

***********************************お知らせ*************************************
エッセイ集『おしょうしな 韓国』。ご好評をいただいております。
Amazonから閲覧可。
書評1
書評2:与一の里様

ちょっとやりすぎ

朴槿恵大統領の反日に、韓国メディアもちょっとやりすぎでは、との声をあげているようです。
********************************************************ここから引用。
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は外遊の先々で反日を猛烈にアピールしている。
欧州訪問では「日本の政治家は歴史問題で不適切な言動を繰り返している」
「日本の政治家はドイツをモデルに歴史認識と態度を変えるべきだ」
などと日本を批判。
朴大統領の「反日告げ口外交」は、同盟国であるアメリカに対しても、事ある毎に行なわれてきた。

そんななか、他ならぬ韓国国内からも「朴大統領の反日はやりすぎだ」という声が出始めた。
韓国メディアの声を一部、紹介しよう。

<国家指導者は、ときには国民感情を乗り越えて未来を見なければならない〉(朝鮮日報)、
<嫌いな人とも対話するべきだ〉〈冷静で理性的な国益計算が必要だ〉(中央日報)、
<歴史問題では朴大統領が広く手を差し出す時だ〉〈手遅れになる前に首脳会談を行なうべきだ〉(アジア経済)…。

ふだんは反日を煽る一方のメディアが、朴氏に冷静になるよう諌め、
日韓首脳会談の開催を呼び掛けているのである。

9月上旬に行なわれた世論調査では58%が「日本側の謝罪の有無にかかわらず、
首脳会談を行なうべき」と回答したという(「アサン政策研究所」調べ)。
韓国政府内にも良識派はいる。

今月8日、韓国外務省の第一次官が国会で「日本の集団的自衛権の行使問題を歴史問題と直結させて訴えても、
国際社会ではあまり説得力を持たない」と発言した。
何かにつけて“歴史問題”を吹聴する朴大統領への牽制である。

産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏が話す。
「安倍首相は靖国神社に参拝しなかったし、官房長官などの主要閣僚が
『村山談話を歴代内閣と同じように引き継ぐ』と発言するなど、
日本側はそれなりに韓国側に気を使い、首脳会談の実現に向けてハードルを下げている。
それは韓国政府側も理解しているし、アメリカからも『東アジアの安全保障のため、
早く安倍首相との首脳会談を行なうべきだ』とプレッシャーを掛けられています。
しかし、肝心の朴氏が一向に態度を軟化させない。
そのことに対する苛立ちが政権の内外に溜まり、
外交担当者の発言やメディアの報道となって表われている」
コブシを振り上げ、喝采を浴びたはいいが、時間が経つにつれ、支える筋肉が震え始めているようである。

(NEWSポストセブン http://news.livedoor.com/article/detail/8268595/)
********************************************************ここまで引用。

19日ごろのニュースで、
関東大震災のときの韓国人虐殺の犠牲者名簿の一部が出てきた
という報道がありました。

日本、韓国の間には、なんと多くの障害物があるのでしょうか。
すこしいい状態になると、また何かが出てきたりして、、、。
朴大統領には、もっと日本に対して親しい関係になってほしいですし、
韓国メディアらが、もっと日本のことを考えて行動せよ、というくらいですが、
あとからあとから問題がでてきてしまい、
どうやったらいいのか、ちょっと途方にくれちゃいますよね。
草の根で地道に静かにやっていくしかないと思っています。
がんばれ韓国! がんばれ日本!!

ヨン様に近づきすぎ!

女性自身にヨン様に関するおもしろい記事がありました。
ご紹介します。
*****************************************************************ここから引用。
「いま、周りのヨン様ファンと会うと、この話題ばかりですよ。『ヨン様に近づきすぎ!』『なれなれしく腕を絡めてるこの女、誰!?』と、みんな怒ってます」
こう憤激するのは、ぺ・ヨンジュン(41)のファンという50代女性だ。ヨン様ファンを騒然とさせているのは、1枚の写真だ。11人の男女が笑顔で並ぶ記念写真。その真ん中にいるのは、ハットにサングラス姿のヨン様だ。コートのポケットに手を入れた彼の左腕に、眼鏡の女性が自分の右腕をギュッと絡めているーー。
問題の写真は、今秋、ヨン様が見事合格を果たしたコーヒー界の最難関資格「コーヒー豆鑑定士(Qグレーダー)」の受験最終日に“卒業写真”として撮られたもの。ヨン様が通った韓国・九里市の専門学校『ヴィジャヴィ・コーヒー生涯職業教育院』での一枚だ。ヨン様ファンの嫉妬を一身に浴びてしまった、この女性はいったい何者なのか? 学校関係者が語る。
「この女性は30代で、現在、大邱市内でカフェを経営しています。今回、Qグレーダーの資格取得に、ヨン様と同じく挑戦していました」
本誌は、その女性とコンタクトをとることに成功。女性は匿名を条件に、困惑気味にこう切り出した。
「私は、学校でヨンジュンさんと初めて会っただけで、ファンでもないんです。私は芸能界にあまり詳しくなくて、ヨンジュンさんのことは『冬のソナタ』に出ていた俳優さんだと認識していた程度でした。それほど彼は、気さくで私たちにも偉ぶることがまったくなかったんです。私にとって、彼は勉強熱心な好青年の同級生ですよ」
卒業写真で、ヨン様の腕に自分の腕をからめたことについては、こう釈明する。
「特に変な意味はありません。私はただ、同級生として普通に接していただけです。ヨンジュンさんが、私たちに自然体で接してくれたから、私たちも自然と心を開いてしまったんでしょうね」
決して、特別な関係ではないと強調した。それにしても、ヨン様はなぜこうもコーヒー関連の資格取得に熱心なのだろうか。
「現在、ハワイでコーヒー店を経営するヨン様ですが、その韓国内での新たな事業展開を視野に入れているそう。そのためにも、新たな資格取得に挑戦しているようです」(別の関係者)
来年、ソウルで“開店祝い”にほほ笑むヨン様が見られるかも!?
(参考 http://news.livedoor.com/article/detail/8276245/)
*****************************************************************ここまで引用。
ということで、ヨン様の左腕にぎゅっと自分の手を絡めている女性は誰か、という記事でした。
卒業写真で、ヨン様の腕に自分の腕をからめたことについては、
「特に変な意味はありません。私はただ、同級生として普通に接していただけです。ヨンジュンさんが、私たちに自然体で接してくれたから、私たちも自然と心を開いてしまったんでしょうね」
と語っていますが、これはことばそのまま受け取ってくださっていいと思います。
韓国では、いっしょに何かを学んだとかセミナーをやったとかして、
終わりの記念写真の場では、このようにそばの人と手を組んだり腕を絡ませたりくらいは
けっこうアリなんです。
この女性も、おそらくヨン様には特別何の気持ちもなく、
いっしょに学んだ同僚、仲間としてに意識からこのような「親密」そうな形になったものと思われます。
身体距離が韓国の場合は日本よりはるかに近いです。
文化の差ですね。おもしろい部分の一つです。
でも、さすが韓国ですね。
ヨン様といっしょに簡単に写真が撮れてしまうんですから^^。

天安からアンニョン20131124

FC2ブログできょうからデビューです。
ここは韓国語も書けそうなので、ここに登録しました。
안녕하세요. 한국에 거주하는 일본사람입니다.
韓国語と日本語でブログを構成したいと考えています。
主に日本の人のためのブログです。よろしく。
韓国の情報やニュースや文学などをお伝えします。よろしく。

한국어와 일본어가 다 되니까 너무 좋네요^^.
앞으로 잘 부탁합니다.


2013年11月24日、練習版です。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング