天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

∼てもらう _ 筆者のエッセイ0028

2013年12月7日にアップした学生のエッセイ(学生エッセイ0006)がある。
「お越しいただけますか」というタイトルでアップしたもの。

この学生が書いているように、日本語の「_てもらう」と言う表現は、
日本を理解する上でポイントになる表現なのかもしれない。

「_ てもらう」と書いても、普通一般の人にはなんのこっちゃ?と 首をかしげるがいるかもしれない。
これは「何々してもらう」ということで、
例えば「貸してもらう」「書いてもらう」「行ってもらう」「やってもらう」など、
動詞に「もらう」のついた形の表現を指している。

日本人ならなんでもない表現なのだが、韓国人にしてみると、これがかなり難しいのだ。
というのはこの表現と同一の表現が韓国語ではないから。

意訳して用を済ませることになろう。
例えば「わたしは友だちに行ってもらいました」という表現は、
韓国語では「(わたしのために)友だちが行ってくれました」と意訳することになる。

一見何の違いもないように見えるかもしれないけれど、この2つにはかなりちがいがある。

「友だちに行ってもらいました」というほうは、
言わずもがな友に対する「感謝」の念がにじんでいる。
「感謝」と「申し訳なさ」とでもいうようなものが自ずと文の中に含意されているわけだ。

これに対して「友だちが行ってくれました」のほうは、
少しは友に対する感謝の念は感じられるが、それほど強くはないと思う。
友が行った、という「事実」をかなり機械的に言っているニュアンスだ。
(この部分は、人によって感じ方が多少違う可能性があるけれど、、、。)

なので、韓国語で言う場合は、
「友だちが行ってくれました。それでわたしはとてもうれしかった。」とか
「友だちが行ってくれました。それで友に感謝している。」などの付加的な部分をつけて
その意が十分に伝わるようにするわけだ。

このように日本語の「_ てもらう」という表現は、
それだけで相手に対する「有り難み」や「申し訳なさ」を言わずもがなことばの中に滲ませながら、
さりげなく感謝の意を表わす、にくらしいほど「日本的」な表現なのだ。
すばらしい表現なんだよね。

日本語の奥ゆかしさとでも言いましょうか。

こういう繊細な表現に富んだ日本語。
そういう奥ゆかしい心が土台にあるからこそ、こういう言い回しが生まれて来たものと思われる。
そういう心をわたしたちは持ち続けているだろうか。
永久(とわ)に持ち続けていきたいものだ。

スポンサーサイト

運と信仰

会話の授業があって、この日は「運というもの」というテーマだった。
お金を拾ってよかったとか、
バスには遅れるわ財布は落とすわでついてない日の話をするものあるなかで、
ある男子学生が、うちは全員がキリスト教の信者なので、
運がいいとかわるいとか言うと、即、親からバシッと叱られたという。

すべては神様の思し召しなのだから、
運がいいとか悪いとかは言うでない、と。

いやあ、驚きました。
キリスト教の家庭では、こういう教育がなされているのかと知った瞬間でもあった。

彼は「モーテ・シナン」つまり「母胎信仰」ということで、
母の胎内にあるときからの信仰という意味。
親がキリスト教信仰をもっているなかで生まれたというわけだ。
偶然というものはない、という人生観とも捉えられるか。

運がいいとか悪いとかって、信仰とは関係なく存在するんじゃないの、と
筆者には思えるのだが、あまりいじめるような質問はせず、「あ、そう」ということで
かるーくパスした。はい、次の人、行きましょうかって。

赤瀬川源平の『世の中は偶然に満ちている』と対極をなす姿勢ともいえよう。

ポイントは、たぶん、
いやあツイテるなあとかツイテねえな、と思う瞬間は彼にもあろうけど、
それを口に出しては言わない(言えない)という点であろう。

ちなみに、うちの大学は韓国でも有数のキリスト教系の大学だ。

アンニョン お隣さん _ 筆者のエッセイ集のお知らせ


クリスマスイブは楽しく迎えられたでしょうか。

きょうは、管理者のエッセイ集についての広告です。(恐縮です)

アンニョン お隣さん 韓国暮らし27年のつぶやき 』というタイトルです。

グーグルやアマゾンからはいると閲覧可能です。

管理者の韓国暮らしは、四捨五入すると三十年くらいになるわけですが、
長き韓国暮らしから見えてくるいろいろのことを、ちょっとユーモアを交えながら書いてみました。

マツノミって松ノ木にできるものと思っていたわたし。
ちがっていたんですね、それが。

マツノミというあの白っぽい、というかベージュっぽいかわいらしい木の実は、
なんていう木にできるんでしょうか? 

そんな話とか、ある日本人の奥さんがその義理の父親(韓国人)にたいして
「おやすみなさい (アンニョンヒ ヂュムシプシオ) 」というところを、まちがえて
「やすらかに死んでください (アンニョンヒ ヂュグシプシオ) 」と言ってしまった話など。
でも、驚いたことにこのとんでもないアヤマチの表現が、
かえって義理の父との距離を縮めてくれるはたらきをしてくれた話などなど。
そんじょそこらの本にはない、生活臭漂う話がちょっとユーモラスに書かれている(と思います)。

おしょうしな韓国』につづく第二弾のエッセイ集、乞うご期待!


『アンニョン お隣さん 韓国暮らし27 年のつぶやき』  アマゾン   AnNyon OtonariSan

続きを読む »

マンマンハゲ _ 筆者のエッセイ25

マンマンハゲ(만만하게)


 「マンマンハゲ ボイジマ!(만만하게 보이지 마!)」。こういう教育をうけてこちら韓国の人は育つ。つまり「人に軽く見られてはならない、ばかにされてはならない」といった意味である。日本ではどうだろうか。「人の迷惑になるようなことはするな」。これが第一の教育だろう。

 韓国と日本、これら二つのことばを見比べてみると、韓国のほうは自分を強く保てという教えであり、日本のほうは他人を大事にしろという教えであることがわかる。

 韓国のほうが生き方の面でよりアグレッシブな傾向があり、自分を強く出そうとする積極的な姿勢が見られる。日本の場合は「人の迷惑にならないように」生きるということで、自分を強く出すというよりは、どちらかというと消極的な方向性であり、周囲の目を気にした神経質な立ち居振舞いになりやすいことは容易にうなずける。

 韓国のこういう教えが「ポムセン ポムサ(폼생 폼사=形が大事、見栄えが大切、ひいては格好をつける)」というスタイルにもつながっていくのかもしれないが、人間、このせちがらい世の中で生きていくうえで、自分の品位を保ち「軽く見られないこと(만만하게 보이지 않는 것)」が、処世術としてはかなり重要な教えなのではなかろうかとこのごろしきりに思う。消極的でどこかひ弱そうな、すぐにもくずおれてしまいそうな控え目な生き方もいいけれど、自己の品位を保ち毅然とした生き方をするほうが困難ではあろうが価値ある生であるような気がしている、最近。

                                

                               『おしょうしな韓国』  アマゾンより。

愛の「オドゥオジダ」 _ 筆者のエッセイ24

 わたしの妻は韓国人である。はじめて妻と会ったとき韓国語がわからず、妻も日本語がわからなかった。それでわたしたちが会話をする時は、英語で行なったものだ。というと、英語の実力が相当のもののように聞こえてしまうが、なんのことはない、たとえば
"What do you like?"
"I like moca-coffee."
といった対話なのである。おどろくほどのことはない。 

  わたしはいつもメモ帳をもっていて、ひとことでも韓国語を学ぼうと構えていた。結婚して数日しか経ってなかったころの話しだ。わたしたちは彼女のふるさとであるキョンジュ(慶州)のボムンダンジ(普門団地)という観光地の喫茶店でコーヒーを飲んでいた。ボムンホ(普門湖)という大きな湖のそばの喫茶店である。午後の明るさからだんだんと夕方の時刻に移り変わるころだった。日が沈みはじめ西の空は赤く鈍色(にぶいろ)の光をはなちはじめ、だんだん夕やみがせまりつつあるころ。わたしはあまりにも静かで美しいその雰囲気のなかで、なにをか言おうとした。愛する女性を目の前においてこのような雰囲気にあったら、だれでも愛のことばのひとつも言ってみたくなるのは当然と言えよう。しかしわたしは韓国語はほとんでできない状態、英語だってこんなときにふさわしい気の利いたフレーズがポンと飛び出すような実力はない。それで韓国語で「だんだん暗くなってくるね」ぐらいのことばでも発したいと思った。しかしながらそんなことばさえわからないのである。メモ帳に英語を書き、絵をかき、「暗くなる」の「~になる」の部分が韓国語でどういう表現になるのかを知ろうとした。あの手この手を使い四苦八苦しながらしきりに妻に聞くのだが、「暗い」はわかっても「暗い」プラス「~になる」つまり「暗くなる」がどうしてもわからないのだ。お互い相手のことばを知らないのだから、これもいたしかたのないこと。そのときどのようなハズミで「暗くなる」がわかったのか今となっては思い出せないのだが、とにかく韓国語で「暗くなる」つまり「オドゥオジダ」という表現を彼女の口から絞り出せたのである。数時間の苦労の末だった。

   わたしはそのようにして学んだ「暗くなる」(オドゥオジダ)という単語を、頭の奥深く・心の奥深くにしっかりと刻み込んだ。変化を表す「~になる」ということば、これは韓国語で「~ジダ」ということばなのだが、このことばを見るたびに、わたしは「愛のオドゥオジダ」を思い出し、しばし甘い夢想に身をまかすのである。


(※)キョンジュ:漢字では「慶州」。韓国の南の港町であるプサン(釜山)から北に車で約1時間のところにある歴史的な町である。BC57∼AD935年までの約1000年の間栄えた新羅(シンラ、日本名シラギ)の首都である。「シンラ千年の古都キョンジュ」ということばがよく使われている。特に仏教が有名であり、いまでも山のあちこちの自然の岩に、仏像の彫刻が数多く残されている。お寺では仏国寺(ブルグクサ)などが有名であり、石の洞穴の中に巨大な仏像が安置されている石窟庵(ソクラム)も観光コースの定番となっている。歴史の街として日本の奈良市と姉妹血縁の関係を結んでいる。国内および海外からの観光客が一年を通して絶えない。


                                                               (『おしょうしな韓国』より)

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング