天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

朝を愛す  室生犀星

朝を愛す    室生犀星 



僕は朝を愛す
日のひかり満ち亙(わた)る朝を愛す
朝は気持が張り詰め
感じが鋭どく
何物かを嗅ぎ出す新しさに餓ゑてゐる。

朝ほど濁らない自分を見ることがない、
朝は生れ立ての自分を遠くに感じさせる。

朝は素直に物が感じられ
頭はハッキリと無限に広がってゐる。
木立を透く冬の透明さに似てゐる。
昂奮さへも静かさを持って迫って来るのだ。
朝の間によい仕事をたぐりよせ、
その仕事の精髄を掴み出す快適さを感じる。

自分は朝の机の前に坐り、
暫らく静かさを身に感じるため、
動かずじっとしてゐる。
じつとしてゐる間に朝のよい要素が自分を囲ひ、
自然のよい作用が精神発露となる迄、
自分は動かず多くの玲瓏たるものに烈しく打たれてゐる。



ムロウサイセイの「朝を愛す」という詩です。
この朝の感覚はじつにわかります。
わたし、早朝、近くの太祖山(テジョサン)に登ることが多いんですが、
朝の山歩きは、とてつもなく気持ちいいものです。往復1時間半ぐらいです。

数年前、あるいはここを引っ越さねばならぬか、という状況になったことがあります。
そのとき、いちばん名残惜しいと思ったのは、
この山を去ることでした。
この山の朝歩きができなくなるのでは、ということでした。
わたしは、太祖山の一つの峰で落涙しました。
お前と別れたくないけど、遠くへ引っ越さないといけなくなるかもしれないよ、って言って。
その峰にはベンチがあり、鉄棒があり、七メートル四方の平らな場所があるんですが、
その場所を何十ぺんも回りながら
涙がとめどなく流れてくるのです。
そばには人はだれもおらず、わたし一人でのことだったのですが、
とても深く切ない思いにかられたものです。
結局は引っ越しせずともよかったのですけど。

サイセイの詩は、別に山に行かなくとも、朝そのものの素晴らしさを
感じ、とらえ、いつくしんでいるものだと思います。
朝そのものも もちろん素晴らしいのですが、
山の朝は、また格別であることをお伝えしたいと思い、こんな文章になっています。


2015年も明日を残すばかり。今年一年の総括をされている時期かと思います。
2016年もみなさまのご健康とご発展を心よりお祈りいたしながら。

                 
アデュー2015。& ウェルカム2016(丙申ひのえさる)年
スポンサーサイト

詩心、歌心、絵心

「しごころ」。「うたごころ」。「えごころ」。

こういう美しいことばが日本語にあるっていうことに、感謝の念を禁じ得ません。
外国語に訳すときどういう訳になるのでしょうか。
辞書には「詩心」のことが「ししん」などと出ていますね。
「ししん」ではだめです。
「しごころ」でないと。
「しごころ」といってはじめて、その意味が浮かび上がってきますよね。

「しごころ」。
詩想がまずわいて詩を愛(め)で、詩を吟じ、詩を書こう、詩を作ろうとする気持ちが
ひとりでにわき上がってくるそういう雰囲気、そういう気持ちのことだと思います。

こういったことばたちは、韓国語に訳すのもちょっとたいへんです。
すぐにぴたっとあたる韓国語が見当たりません。
考えて、その意を表す単語(表現)を探さないといけません。
「わび」「さび」なんかもそうですね。
「こもれび」
「はなふぶき」
「しみじみ」
「せみしぐれ」
「さみだれ」
「とおりあめ」
「はるがすみ」
「せんたくびより」の「びより」などということばも美しい語だと思います。

韓国語でこれはと思う語は、
「ワーダンヌンダ」=「心の奥までよく染み透るようにわかる、感じる」、
「カヨプタ」=「かわいそうだ、切ないくらい不敏だ」、
「コッペム」などなどがあります。(もちろん、もっと他にもたくさんあるけど、、)

「コッペム」というのは、「コッ」は「花」で「ペム」は「蛇」ですから、
「コッペム」=「花蛇」ということになりますね。
意味、おわかりでしょうか。
はい。
男にからみついて金をしぼりあげ破滅させる毒を持った女という意味です。
韓国語を知らなくても「コッペム」という発音を聞いただけで
なんとなくそのフンイキが伝わってきてしまう(とわたしには思えるのですが)、
なんとも不可思議な韓国語です。

韓国の人に、これはという韓国語としてこんな「コッペム」なんて語をあげたら、
ちょっと怒りをかってしまうかもしれませんが、私には他意はありません。
その意味をあまりにも端的かつ正確そして強烈に伝えてくれる単語として、
私は韓国語の中でもかなり光っている単語じゃなかと常日頃から思っています。

日本語について、そして韓国語について、
こういうような面をいつも頭において生活しています。
職業柄、自然とそうなってしまってますね。職業病の一つかもしれません。

直感的には、日本語には名詞語(体言表現)にこういうのが多く、
韓国語には動詞語、あるいは形容詞語(用言表現)に、
こういう語が多いような気がしています。

このアイディアをもっと深めていったら、一つの論文なんかになるかもしれません。
(今は時間がなくて、こういうおもしろいアイディアを論文にするような余裕がないですが、、、)

4月末ですね。今年2015年 乙未年(きのとひつじどし)、3分の1が過ぎましたね。
いかがでしたか。満足できる 1/3 でしたでしょうか。


「ぼくのすきなもの」

きのう、床屋さんに行って、待ってる間、そこにあった新聞をみてました。
(もちろん、韓国でです。)

そうしたら、下のような詩が載ってました。
小学二年生の詩だそうです。(原文は韓国語です)


「ぼくのすきなもの」

お母さんがすきだ。おいしいものを作ってくれるから、すきだ。
ゲーム機がすきだ。わくわくどきどきさせてくれるから、すきだ。
わんちゃんがすきだ。いつもいっしょにあそんでくれるから、すきだ。

でも、
お父さんがなんでいるのか、わからない。         (ここまで)


日本でも韓国でも、
イクメンの活躍がテレビ、新聞によく載るようになったこのごろですが、
お父さんは忙しくて、子供といっしょにいてあげられないケースも
あるようですね。

家族のために働いていながら、「なぜいるかわからない」なんて言われたら
かなりショックですね。

忙しい合間をぬってでも、1週間に一日、そのなかでも30分くらいは、
子供といっしょに遊んだり、ゲームしたり、テレビをみたり、
同じことをして過ごす時間を、持ちたいものですね。

「パパはわたしたちのために毎日毎日夜まで働いているのよ」
というお母さんの援護射撃も重要だと思います。
世のママさん、パパを応援してあげてください。

授業中、学生らにときどき聞いてみます。
「お父さんとよく話すかい?」と。

あんまり話さない人は手をあげて、っていうと、
学生らはけっこう素直です。小学生みたいに手をあげるんですね。
女子学生が15人いたら、12人くらいは「父」とはあまり話さないということ。

その一人の女学生に言ってみる。
「ミナ、君はお父さんとあまり話さないの?」
「はい。父がちょっと苦手です」
「なんで?」
「理由はないんですけど、小さい頃叱られてばかりいたからじゃないかと思います」
てなことを言う。聞いてみるとだいたい権威主義的なお父さんが多いようです。

男子学生も、お父さんとはあまり話さないって言いますね。
全体的に、父とよく話す子は男子、女子ともに20%にならないでしょうか。
でも母とはよく話すようです。

日本の学生もだいたい同じかと思いますが、
とうちゃんと、よく話すようにしてほしいものですね。

「夫、元気で留守がいい」とか「粗大ごみ」などということばが
ひところ(もう昔々のことですが)大流行でしたね、日本では。

お父さんとよく話すって学生を見てみると、
たいてい社会的な活動がスムーズで明るい子が多いです。
これは不思議です。例外がありません。
粗大ごみなんて言われはするけど、とうちゃんの存在って、
けっこう重要だと思うこのごろです。

野の花

韓国にナ・テヂュという詩人がおりまして、短い詩を書く人として有名です。最近ブレイクしています。
きょうはその一つ「野の花」という詩をご紹介。

「野の花」

じいっと見ると 美しい

長あく見ると 愛らしい

君も そうだよ。 



これだけの詩なんですが、ナ・テヂュさんの詩は、かなりおもしろいので、これからときどきシリーズでアップしたいと思ってます。
ご鑑賞のほど。


na_teaju 시인  「野の花」 の詩碑とともに  詩人 ナ・ テヂュ氏。
原文

「풀꽃」                    (나태주)

자세히 보아야

예쁘다.

오래 보아야

사랑스럽다.

너도 그렇다.

雨は翠


雨は翠(みどり)


大粒の雨がものものしい音をたてながら降る
夏の雨
翠にうるおう木々の葉っぱをさらに緑に染め
大気を洗い清め
道路の土くれを流しさり
雨は絶え間なく降り続く
雨降る音はわたしの耳に心地よい

ザーザー ゴーゴー
ポタポタ ボタボタ
ジャージャー ジャージャー

20種類にも30種類にも及ぶ音が聞こえてくる
車が走るとさらに音の種類は追加される

シュアー ツーン

きょうはカミナリさんも大会参加だ
ピカッと光り、五秒六秒
ドカーン とくる

その轟音(ゴーオン)のおそろしいこと
たまたまがちぢみあがるとはまさにこのこと

さみだれを あつめてはやし もがみがわ

芭蕉の俳句が思い出される

さみだれを あつめてすずし チョナンチョン(天安川)

翠の玉のような雨が
際限なくおちてくる
みどりに色づいた雨が
ロックを奏でながらおちてくる

夏の夕
翠の雨で くそ暑い不快さも
さっぱりすっきりすずしい風

サマセット・モームに「雨」なる小説があったなあ。
(今すぐに読みたい。でも手元にはない)

どういう話だったか完全に忘れてしまったけど
みどりの雨を窓外に見て
想像たくましく思ってみる
わくわくしてくる気分になるまで。

ガラス戸の外は天を引っくり返したような雨。
ふりしきる雨の音の中から自然の喜ぶ声が聞こえてくる。

ガラス戸の内は雨を好む人間が二人
マグカップにコーヒーをたっぷり。
雨降る音で会話はあんまり聞こえない
聞こえなくても大丈夫
雨が雄弁に語ってくれてるじゃないか。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (84)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (56)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (10)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング