FC2ブログ

天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

クールコリア005 韓国のスローシティー

イタリアからはじまったスローシティ。発祥の地イタリアだけにイタリアのスローシティは多い。

日本では宮城県気仙沼市に続き前橋市が2都市目となる。
気仙沼は2012年ごろ、前橋市は2017年にチッタスロー協会に加盟することになった。

チッタスロー(Città slow)とはイタリア語。スローシティの意。


韓国のチッタスローつまりスローシティーは、以下の12か所がある。

スローシティーのマークと                                                                         韓国のスローシティーの地図。

sinbol            map

韓国のチッタスローの紹介サイト

現在、スローシティに加入できる条件は人口が五万人以下、都市と周辺環境を考慮した環境政策の実施、
有機農食品の生産と消費、伝統食べ物と文化の保存などの条件を満たさなければならない。
具体的な事項として、
環境にやさしいエネルギーの開発、車両通行制限および自転車利用、クラクションなどの騒音を減らす、植樹、
ファーストフードの追放、文化遺産の保護などを実践しなければならない。

韓国のスローシティはアジア最初に指定された全羅南道4地域
(新安郡・曽島、莞島郡青山島、潭陽郡昌平面三支川村、長興郡有治面)をはじめとして、
慶尚南道河東郡岳陽面(お茶の栽培地として、世界最初)、忠清南道礼山郡大興面、南楊州市チョ・アン面、
全州韓屋村、尚州市ハムチャンㆍイアン・ㆍ恭倹面、青松郡不動ㆍパチョン面、
江原道寧越郡(カンウォンド・ヨンウォルグン)金サッカ面、忠清北道堤川市水山面朴達チェ、、、、

以上12か所がある。以下にそれぞれの特徴などを簡単に書いた内容を載せる。

2013年に発表されたときは11か所だったけど、その後最近、
下に書いた4番目の長興郡有治面(ヂャンフングン ユチミョン)が追加された。


1.全南 新安曾島(ヂョンナム シナン ジュンド)
念願を実現する塩田と、もう一つの地球、干潟の物語

2.全南 莞島青山(ヂョンナム ワンド チョンサン)
ピングレ(朗らかに)笑う村、屋根のない自然のギャラリー

3.全南 潭陽昌平(ヂョンナム ダニャン チャンピョン)
永遠の未来、石塀の道と古宅の村

4.長興郡有治面(ヂャンフングン ユチミョン) 
昔は虎で有名だった場所。村長は画家、婦人会長が詩人、それに庵にはお坊さんが住む。風鈴の音がやさしい懐かしの村。

5.慶南 河東岳陽(ギョンナム ハドン アギャン)
お茶があってうれしく幸せな茶幸村樂

6.忠南 礼山大興 鷹峰(チュンナム イェサン デフン ウンボン)
全国で最高のつりの名所

7.京畿 南陽州 鳥安(ギョンギ ナムヤンジュ ジョアン)
鳥達がくつろげる楽園

8.全北 全州韓屋村 豊南洞 校洞(ヂョンブク ヂョンジュ ハノク マウル プンナムドン ギョドン)
韓国固有の建築様式で韓屋村を建設したのが最初。

9.慶北尚州 咸倉 利安 恭儉(ギョンブク サンジュ ハムチャン イアン コンゴム)
古来住みやすく豊かな農業の首都

10.慶北 青松 府東 巴川(ギョンブク チョンソン ブドン パチョン)
スローライフとエコフードがある山村スタイルのスローシティ

11.江原 寧越郡 キムサッカッ面(ガンウォン ヨンウォルグン キムサッカッミョン)
自然、人、文化芸術の息吹く本場

12.忠北 堤川 水山 朴達チェ(チュンブク ジェチョン スサン バクタルチェ)
山と水が解け合い美しさを弥増すところ。
ここは筆者も一度行ったことあり。とてもきれいなところだ。まさにスローライフ、スローシティ。

スポンサーサイト



クールコリア004  デモ文化

前回韓国は、このデモがクールだと書いた。
なぜデモがクールなのか。
市民が全員で力を合わせて国の姿をちょっとでもよくしようと団結するのがデモだから。
日本にはほぼ見れないクールな姿だ。

デモの話を書くには、その源流というものをあげないといけない。
源流は、たぶん、朝鮮時代(あるいはその前から)の「コドゥオ ジュシ オプソソ」に辿り着くんだと思う。

筆者の第一エッセイ集『おしょうしな韓国』にも書いたことなんだけど、
この「コドゥオ ジュシ オプソソ」。
意味は「とりさげてください」という義。
王様がある方針を出す。それは民衆にはあまりにも厳しくかつ民衆に受け入れがたいものだ。
このようなときに、王をとりまく国の官僚(ヤンバン)たちが、
王のいる建物の前の広場に列を作って座り込み、
一晩中、「コドゥオ ジュシ オプソソ」といいながら、王のその政策をやめさせようとする。
すると、王は、一人自分の部屋で彼らの声を遠くに聞きながら考える。
これほどまでにやつらは「やめよ」というのか。
そんなにこの政策がだめなのか。
しかし王とて、自分なりに考え抜いて出した方針だけにそう簡単には「取りやめる」とは言えない。
朝方、それでもヤンバンたちの王のやり方をたしなめようとする声がやまず続いている。
おもむろに王は出てきて、「わかった」という。
そんな時代劇がこれまでに韓国のテレビの中に何度も出てきている。
王に逆らう意見を部下がいうのである。

日本ならどうか。
天皇の意見に逆らえるだろうか。
あるいはさむらい時代に、徳川家康の方針に部下が反対意見を述べることができたろうか。
たぶん、否だ。

日本は受け入れる文化。
韓国は王にでも逆らう文化。(それが理に叶わぬときは)

そしてこの伝統が今に受け継がれているのが、きょう日(び)、毎日テレビを賑わしている
100万単位のデモ隊なのではなかろうか。
日本の人口の半分にも満たないこちらの国民が、100万単位でデモをするのである。
主張はそれぞれいろいろあるけれど、
主張がなんであれ、このデモのエナジーはただ見ているだけでも爽快でありあっぱれである。

この100万単位のデモがきょう日急に発生したのではなく、これも源流がある。
古くは上述のように「コドゥオ ジュシ オプソソ」であるが、
現在に直で関係するのは、大統領選挙などに関して繰り広げられた一連の流れがある。
大統領選に関する内容がメインとなるので、まずは大統領の系譜について書いてみる。

(1~3代)イ・スンマン(李承晩)*在任期間:1948~1960年
選出方法: 1代:制憲国会議員による間接選挙で選出。 2~3代:直接選挙で選出。

(4代)ユン・ボソン(尹潽善)*在任期間:1960~1962年
選出方法:国会にて間接選挙で選出。

(5~9代)バク・ジョンヒ(朴正煕)*在任期間:1963~1979年
選出方法:5~7代:直接選挙で選出。 8~9代:統一主体国民会議にて間接選挙で選出。

(10代)チェ・ギュハ(崔圭夏)*在任期間:1979~1980年
選出方法: 統一主体国民会議にて間接選挙で選出。

(11~12代)ジョン・ドゥファン(全斗煥)*在任期間:1980~1988年
選出方法: 11~12代 : 統一主体国民会議にて間接選挙で選出。

(13代)ノ・テウ(盧泰愚)*在任期間:1988~1993年
選出方法: 直接選挙で選出。

(14代)キム・ヨンサム(金泳三)*在任期間:1993~1998年
選出方法: 直接選挙で選出。

(15代)キム・デジュン(金大中)*在任期間:1998~2003年
選出方法: 直接選挙で選出。

(16代)ノ・ムヒョン(盧武鉉)*在任期間:2003~2008年
選出方法: 直接選挙で選出。

(17代)イ・ミョンバク(李明博)*在任期間:2008~2013年
選出方法: 直接選挙で選出。

(18代)バク・クネ(朴槿惠)*在任期間:2013~2017年
選出方法: 直接選挙で選出。

(19代)ムン・ジェイン(文在寅)*在任期間:2017~2022년(現在)
選出方法: 直接選挙で選出。

以上、大統領の在任期間や選挙の方法などについてあげてみた。

ここで、13代のノ・テウ(盧泰愚 在任期間:1988~1993年)から、
全部、選出方法は直接選挙で選出となっている。

韓国は今も勿論大統領は直接選挙で選んでいるのだけれど、
それは、昔からずっとそうなのではなかったのだ。

1代目のイ・スンマンのとき、彼は1代、2代、3代の大統領になるわけだが、
2代目と3代目のとき、形上は一応直接選挙となっているけれど、
このときの不正選挙が目に余るものがあった。
田舎の部落にイ・スンマンの参謀が入り、お年寄りたちに金を渡して「イ・スンマン」と書かせたり、
開票の場で、わざと停電にして、そのどさくさにまぎれて票を「イ・スンマン」と入れ替えたり、
考えられるありとあらゆる方法で不正がなされた。
これに国民が爆発する。
テグの高校生がその火蓋を切ってデモをはじめると、たちまち全国に広がっていく。
時の権力者に真正面から立ち向かう市民の戦いは、このときが近代になってからは最初である。
1代から3代目までやりながらも、さらに第4代目の大統領にまでなろうとしたイ・スンマンであったが、
結局、市民代表5人との面談で下野することを決心する。
そのときの5人のうちの一人のインタビューを見たことがあるが、
大統領は部下からの意見は聞かなくなっていたため、(部下も大統領には言えない雰囲気になっていた)
市民5人で編成した決死隊みたいな感じのグループが直でイ・スンマンと向き合ったのである。
5人を前にしてもはじめは一言もなかったイ・スンマンであったが、数時間の後、
「国民がみな、自分にやめろといっているのか」と5人に聞くと、
5人ははじめから申し合わせてでもいたかのように同時に「はい、おりてください」と言ったという。

このときのデモによる大統領下野を「4.19革命」(サ・イルグ・ヒョンミョン)とよんでいる。1960年の出来事である。
このときの市民の犠牲者は統計があるだけでも186人にものぼった。
とてつもない市民行動だったわけだ。
このときの伝統がその後もずっと韓国には生き続けている。

その後は1980年の「5.18(オ・イル・パル)」=「光州事態(クァンジュ事態)」でのデモと軍の発砲による市民の犠牲。
(民主化というものを、このときの市民のデモおよび犠牲によって勝ち得たのである)。

そして1987年6月29日の「6.29(ユク・イ・グ)宣言」。
これは時の権力者、民主正義党代表の盧泰愚(ノ・テウ)が直接選挙制の改憲要求を受け入れて発表した特別宣言である。
このとき以来、韓国は大統領選は必ず「直接選挙」の形態となった。
これらはすべて市民のデモ行動によって勝ち得られたものであり、
その伝統は今も連綿と行き続けている。

2002年のワールドカップのときの「テーハンミングク、チャチャンチャチャンチャン」というあのリズムも懐かしいけど、
あのときのロードビューで市民100万人が街に繰り出し応援していたわけが、
あれはあのとき急に出来心ではじまったわけではなくて、
そういう伝統が韓国には通奏低音のように脈々と生き続けていたということなのである。

これがクールでなくしてなんであろうぞ。
大統領を国民が直接選挙で選べる爽快さはどういった感じなのであろう。

わが日本はどうか。
選挙で選べるのは党であり(もちろん個人もあるけど)、いちばん多く票をとった党の党首が首相になる仕組みだ。
国の長(おさ)を直接選べない歯がゆさは、いかなることばをもってしても表現しきれるものではない。
いつか日本も国の長を国民が直で選べる時代がくるんだろうか。

そのためには、国民の意識レベルがあと10段階くらいあがらないとだめなのかもしれない。
日本には日本のやり方があるんだと言う向きもあろうけれど、
今の日本のやり方だって昔、人間が決めたものにすぎず、
いつだって代えられるシロモノだ。
国の長は、国民の直の選挙で選んだほうがすっきりすることだけは
そういう経験のない日本の方々にだって、すぐにご理解いただけるはずだ。
そんな日がなるべく早く来ることを願いながら、今回の筆をおく。

クールコリア003 サンサム

クールコリア第三弾。
                                                 20190504sansam teni motte 



シンマニ(薬草採取のプロ)友とつれだって車で2時間ほどの山に行き、
サンサム(天然の朝鮮人参)を1本ゲットした。15年根と推定される。
サンサムを取るのはかれこれ5年ぶりくらいだろうか。
長いことお目にかかってなかっただけに、今回のサンサムはことのほかうれしかった。
畑に栽培している朝鮮人参はよく六年根といって
六年目に採取するのが一番とされている。
その大きさも六年も経つとかなり太く大きくなる。立派だ。
写真などでよく見られるものだ。
                                                       6년근인삼_1                  
ところで、天然の朝鮮人参つまりサンサム(山蔘)は、
見た目にはあまりにも貧弱なのだ。
「え、これで15年根?」
と驚くほど小さい。吹けば飛ぶほどに軽い。
でも、このサンサム。
山に自生しているその姿には、非常に高貴の面影がある。         20190504 미원산03_1
立っているその姿はとにかく独特そのもの。
つんと澄まして立っている。
孤高の哲学者のような、あるいは全く反対語のようではあるけれど絶世の美女のような面持ちである。
素人(わたし)はなかなか見つけることが難しい。
友のシンマニに
「ほら、そこにあるよ」
と教えてもらってはじめて認識する。
わかってみると、しずしずと立っているその佇まいは、なんとも美しい。
しびれるとはこういうときに使うことばなのかもしれない。
実はいまここに書いたように、見つけたのは友のシンマニだ;;;。
本当は彼のものなんだけれど、
いつも彼と行ってサンサムがあると、彼はわたしに譲ってくれる。
値段にしたら、1万から2万円はくだらないだろう。
金ではないのだ。
友の友情に感謝し、素直にいただく。
家に帰って来て、家族(妻、娘)と3人で三等分して口にした。
ゆっくり、じっくり、長い時間かけてしっかり噛んで飲み込む。
食べると眠気が襲ってくる。
これはサンサムの効果が現れている証し。
眠気にまかせてその日はそのまま寝た。
熟睡、爆睡して、朝、気持ちよく目覚める。
どこに利くということではないのだが、
体内の免疫力強化になるといったら一番わかりやすいだろうか。
ホメオスタシス(homeostasis)を手助けしてくれる働きがあるんだろうと
自分では思っている。
サンサムは、韓国(朝鮮半島)産がいちばん薬効があるといわれている。
日本では見たことも聞いたこともない。たぶん日本にはサンサムはないと思う。
栽培の朝鮮人参はあるものの、天然のサンサムはない。
中国にもないようだ。あったとしても薬効がぜんぜん違っているといわれている。
サンサム。
クールコリアとしての登録は、万人が認めるところであろう。

クールコリア002 オンドルの家

この記事は2015年12月8日にアップしたものであるが、
クールコリアシリーズとして再アップしたい。このブログではシリーズ002となる。


クールジャパンということばが日本ではちょっとはやっているのだろうか。
日本のトイレ文化がけっこうクールであるらしい。
韓国はどうか。クールコリアということばはこちらでは今は使われていないが、
もしクールコリアはなにかと聞かれたら、わたしとしては、オンドルの家をあげたい。
昔ながらのオンドルの家は、今はほとんどなくなってしまい、
アパート(日本式にはマンション)の部屋は、床暖房式にはなってるが、
これは本物のオンドルではない。
床の下にパイプをめぐらして、その中に温水を循環させ床全体を暖める仕組み。
ほんとうのオンドルというのは、
アグンギ(かまど)から木をくべて
その熱と煙が通っていく通路のぬくみを使用して床全体をあたためるシステムだ。
見た目にはオンドルと似ているから、普通はこの現代のアパートの部屋を「オンドル」の部屋といったりはする。
でも本物ではない。
ホンモノではないんだけれど、今もこれを書いているわたしの部屋は
さっきオンドルを40分ばかりやったばかりなのであったかい。
床全体がほかほかとなるので、非常にいい。
こたつとはちがって自由に動けるし。これはホント、クールコリアの横綱格であろう。


ところで最近、本物のオンドルの家がそこはかとない流行になっているらしい。
(2015年のころの話。今も流行っているものと思われるがはっきりとはわからない。)
本格的なものはもちろん高価だが、
昔ながらのほんもののオンドル方式で作った注文式の小ぶりな家。
注文してから2週間くらいでトラックで運ばれてくるようだ。
しめて2000万ウォンから4000万ウォンくらいで買える。
日本円で200万円から400万円くらい。
もちろんそれほど安い買い物ではないが、
完全な家であることを考えると、かなりお買得ではないだろうか。  
特に雪の多い東北地方の人々にはお勧めだ。
今住んでいる家があって、周りの畑などの空間があれば、
そこにトラックで運んできて設置してくれるしくみだ。
でも、日本にはこのオンドルがないから、ちょっと無理か。
オンドルは、それほど難しい原理ではないのでちょっと学べばすぐにできるはずなのだけれど。
友だちにも話しているが、「おっ、それ(商売として)やろう」という人間はまだ名乗りをあげてはいない。

クールコリア001 ドライブインのヒーリング施設

 クールコリアというのは、筆者の造語である。
クールジャパンにならって使わせてもらう。
韓国でこのことばを使っている例を見たことはない。
韓国の人もまだこの「クールコリア」という語は使っていないようだ。
韓国のクールなものをトータルしてこの語でくくってみようというわけだ。
すてきな韓国の意としてうけとってもらえるといいかと思う。
今回のブログからクールな面を発見するたびに書いていきたいと思う。
今回はそのはじめで「001」番。


         20190304 kuhki    20190304 anma   20190304 jihanki   20190304 shawer   20190304 shawer hukidai   20190304 nemuri   20190304 nemuri retsu    20190304 ishi bed
        空気清浄機      按摩器      自販機     シャワー室   更衣室   睡眠室入り口   睡眠室   石の寝台(電気)



きのう天安から慶州まで行ってきた。親戚の結婚式。
帰りにキョンサン休憩所(ドライブイン)にちょっと寄ってみたらすごい施設があった。
シャワー室に按摩器、睡眠の部屋と、至れり尽くせりの施設があったのだ。
ただし、入れるのは男性だけ。
貨物運転手さんがメインの休憩所という。
このキョンサン休憩所だけにこんな施設があるのではなくて、
最近は韓国のいたるところにこのヒーリング施設ができているという。
もちろんシャワーであれ睡眠室であれ、按摩器であれ使用料は無料。
食堂などのこれまでの施設はもちろんそのままあり、
そのよこっちょに休憩施設が増設される格好でついているのである。
シャワーもやったけど、圧巻は睡眠室。
「トルチmデ」といって、石の寝台がどっかりと構えており、コンセントを入れるとあったかくなる仕組みだ。
毛布1枚もって入れば快適な睡眠が楽しめる。
ヒーリングもここまでくれば最高級。これですべて施設の利用は無料と言うからオドロキだ。
これぞまさにクールコリア。

男だけで利用するのは便利だけれど、
奥さんとか女性同伴の場合は、問題だ。
オレだけ快適なヒーリングをやっていて女性はどこで何をするのか。
車で休んでおれとも言えないし。
女性がいる場合はこの施設の利用はタブーだ。
でもオレ、男だけで山にいったり海にいったりすることもあるので、
そんなときに利用しようと思う。
<audio src="貼り付けたい音声ファイルのurl" controls>

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (128)
クールコリア (5)
釜山さむらい (11)
学生エッセイ (89)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (59)
詩 (12)
数学 (13)
サッカー (13)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (37)

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

Template by たけやん

動画ランキング