天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

文大統領就任2か月_批判ちらほらと。

文在寅(ムン・ヂェイン)氏が新大統領となって2か月が過ぎたが、
その人気は依然として高い。腰の低い人間性が大衆の心をがっちりとつかんでいるといえるだろう。
ところで、最近、そんな文大統領のやり方に「ほんと、こんなんでええの?」という疑問符を投げ掛ける
視点もちょっとずつ出てきている。7月27日の朝鮮日報に載ったコラムの要約をご紹介したい。
ヤン・サンフン主筆のコラムで、なかなかポイントをついているようにわたしには思える。

まずは、「非正社員ゼロ」計画。
韓国の多くの会社は正社員よりも非正社員のほうが多いのだが、
文さんが大統領になって「非正社員ゼロ」計画を打ち上げた。
もちろん聞えはいいのだが、非正社員でしかやっていけない会社の事情というものがあるわけで、
そういう内容を慮っての措置ではなく、表面の結果だけをよくしようとする韓国独特の
持病(見てくれ主義)のようなものが端的に現れた格好であるという批判。

そして脱原発。これ自体はわたしも大賛成であるが、しかしやり方がちょっと強引すぎないか。
今建設中の新古里(シンゴリ)原発5号基、6号基の建設を中断してしまった。
すでに何千億円もの大金が投入されているうえに、現場で働いている人々の職場が
一朝にして失われてしまったのである。これは批難されても当然ではなかろうか。

さらに、最低賃金の一気の引き上げ。
2018年からは最低賃金は7530ウォン(日本円、約750円)となり、
ゆくゆくは時給1万ウォン(同、1000円)まであげるという。
これもなんとなく聞えはいいけど、町のコンビニなどの零細企業主からしてみれば、
こんなにあげられたら、経営者やってるより、アルバイトで働いたほうが儲かる、というほどなのだ。
時給7530ウォン時代でもやっていけないという経営者が続出しているなか、
これが1万ウォンとなると大部分のコンビニなどは倒産してしまうだろうと見られている。

大統領府(内閣府に相当)の人事にしても、国会の審査で過去の不正が明確なため
野党の議員らからの絶対反対があっても、大統領の権限で任命してしまう。
本来なら、野党からの反対が強い場合はその旨一度は斟酌し、
野党からもある程度合格点をもらえるような人を人事するのが普通なのだが、
強引に、一方的に、「大統領の命令」という形での人事となっている。
そういう暴挙が国防大臣や外務大臣をはじめ、その他数人の人事が絶対反対の中での
大統領命令という形での人事だった。

文さんは、一見腰が低そうに見えて、実はかなり頑固なタイプだ。
こういった批判が、日本の言論からの批判ではなく韓国内の言論からの批判である点、注目したい。
文さん(新政権)は、世の中というものをあまりにも甘く見すぎているんじゃないか
といいたくもなるこのごろだ。(ライブドアなども参照
http://news.livedoor.com/article/detail/13405310/
スポンサーサイト

コメント

永築當果さん、まいどありがとうござんす。

>日本には「原子力ムラ」があって、爆発の危険がいくらあろうとも稼動させ続けるのですが、韓国にはそうした利権組織はないのでしょうかねえ。

この部分は、明確にはわからないというのが答えですが、
わたしの見たところでは、「ない」という感覚です。
現在工事が中止になっている新古里(シンゴリ)5号基、6号基に対して、建設続行を叫ぶ人々は近隣住民と工事に携わっている関係者らに限られるようです。日本のあの
原子力ムラ的なものはないものと思われます。
だからといって、トントン拍子で韓国の脱原発が進められるかというと、そうでもなさそうです。やはり経済優先の立場に立つ人々が多いせいです。これからどうなっていくか、実に注目です。

>もうひとつ興味を持ったのは、行政府高官の任命についてです。

韓国の場合も、青瓦台(大統領府)がある人物Aを何々長官(大臣)に推薦するとします。この人は国会の厳しい質疑応答に答えなければなりません。ほとんどの人が過去に不正の一つ二つはあるため、野党の厳しい追及に根を上げる結末となります。野党議員らは、「この人は不適任」と結論をだします。ところが大統領の鶴の一声でgoサインが出され、
Aが何々大臣に任命されます。野党の猛烈な反対の声もなんのその、
Aは次の日には任命証をもらい、仕事に就きます。こうなるとなんのための国会審問??となるわけです。
今のほとんどの大臣(外務大臣のあの女性、国防大臣の男性など)がこのやり方で任命された人です。アメリカの場合は、韓国とはちがい、国会での審問に通らなければ何々大臣には就けないのでしょうね?。

首長のリップサービス

文在寅新大統領もかっこよく言われますね。一時の民主党政権のように、リップサービスがすごいですね。
「非正社員ゼロ」「最低賃金の一気の引き上げ」もう一つ何かあって3つ揃えて「3本の矢」とでもするのが日本の「3の文化」なんですが。安倍さんはそうしました。安倍さんの「3本の矢」は、分かり易く言えば、景気アップ、物価アップ、所得アップです。国民に心地好さを感じさせるリップサービスでした。いまだ全然できていませんけどね。でも、国民はそれに期待し、何とかしてくれそうと、今でも思っているやに見受けられます。やり方がうまい。
その点、民主党は実にお粗末でした。「高速道路の無料化」ええっ、そんなことできるの?! 見事に頓挫しました。加えて「消費税は絶対アップしない」これは逆にアップさせることを決めてしまいました。官僚が力を持っている日本政治の基本を知らなかったからでしょう。何人も官僚上がりの国会議員がいながら。いいかげんにさらせ、です。

文さんの脱原発はうまくいくか?民主党の脱ダムのようになりはしないか。日本には「原子力ムラ」があって、爆発の危険がいくらあろうとも稼動させ続けるのですが、韓国にはそうした利権組織はないのでしょうかねえ。
トントン拍子で韓国が脱原発を進め、エネルギー先進国になって、日本をリードしていただきたいです。そう願っています。

もうひとつ興味を持ったのは、行政府高官の任命についてです。三権分立であっても相互の抑制均衡がなされ、米国ではいまだトランプ政権の行政府高官が半分も埋まっていないようなのですが、数百名もが議会の承認を得なければならない制度になっているようです。同じ大統領制を敷く韓国では、議会の関与のしかたが弱いようですね。

脱原発を草の根でやっていらっしゃるあるお方から
コメントをいただきました。

新古里(シンゴリ)原発5号基、6号基の建設中断は、
「それでも英断」なのだと。
コメントの根幹部分は以下のようです。

一度使用した原発を廃棄すると、構造物全てが
放射能廃棄物となって、その量は膨大なものになります。
所が未使用の原発の場合は、材料全てがリサイクルされ、
社会に還元されます。
従って下手に未練をもたず新規原発建設中止の決断は
英断だと思います。

このような内容です。

そうですか。
やはり、まずはどんなことがあっても脱原発あり、なんですね。
現場のことはその後に改めて考えていく。
そういうやり方を一貫してやっていく。
それくらい強くやっていかないと脱原発は難しい。
そういうことなんだと理解しました。
コメント、ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/344-26b34e7c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング