天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

世紀の談判

歴史的な米朝首脳会談が6月12日、予定通りシンガポールのカペラホテルで行なわれた。

3月に米朝首脳会談の予定が発表され、5月24日にトランプの「やらない」発言があったあと
金正恩委員長の「なんとかお願いします」発言があるなど、必ずしも順調な流れではなかったが、
六月十二日(火)午前10時から二人の握手ではじまったことは感慨深いものがある。

二人だけ(通訳者込み)の会談のあとすぐ拡大会談が開かれ、それも1時間以上継続しそれから午餐。
これも1時間足らずで終え、トランプと金正恩は二人ホテルの敷地内を散策する。
板門店のときは30分にも及んだが、今回は50メートルほどをゆっくりとくつろぎながら歩く。
なにやら話しているが芝生のことについての対話のように思えた。
そのとき記者団に「共同の合意文書に署名する」と言及している。
それからトランプの防弾車を金委員長にご披露。
たぶん、金委員長が見たいと言ったんだと思う。
20センチのドアの分厚さに感嘆の表情。
二人の行動は一部始終なごやかなものだった。

14時40分ごろ共同声明に署名された。

トランプが予想以上の成果だったと語るが、
声明の内容にCVIDの文言はなかった。
代わりに朝鮮半島における完全な非核化に努力するという文言は盛り込まれた。

前日ポンペイオ国務長官が言っていたが、CVIDが盛り込まれなければ会談は不成功だと。
この発言はどうなったのか。
自然に無視されたような状況だ。誰も(本人も)あまりそのことには触れてはいない。

筆者も、CVIDがなければなんの意味もないんじゃないのかという気持ちもあるが、
ここは百歩譲って、これからの協議でなんとかやっていくのだろうと理解した。
とりあえず、今回は米朝が会うだけでも大きな成果だと思えるからだ。
一代目のキム・イルソン(金日成)、二代目のキム・正日、そして今回
三代目の金正恩になってはじめて米朝がまともに会ったのだ。
その意味は大きいことは間違いない。

2005年あたりにも、金正日が非核化を進めるとったジェスチャーを見せたものの、
ジェスチャーのみに終わり、あのあと核開発の大飛躍を遂げた。

しかし今回の金正恩の決意は、これまでとは違っていると筆者は考える。
独裁は独裁なんだけど、国民が生き残れない限り自分も生き残れないとクールに考えているものと
思われるのだ。

北が今のままずっと行ったら、最後はルーマニアのあのシャウシェスクの如くになってしまうのは
目に見えている。

その恐怖だけではなく、国民を生かしたいと本気で考えている部分が感じられる。
トランプも、金正恩を評して、「国民を本気で愛している人」だと言っていた。
これまで散々「血の粛清」を重ねては来たものの、
何の理由もなく粛清しているわけではないであろう。
勿論、北の粛清文化は絶対に容認できるものではないけれど、
虫けらを殺すように人を殺してきたわけではないだろうと筆者は思いたい。
先日のバス事故で多くの中国人が命を失ったとき、
即座に関係者数人が粛清されたと聞く。
またかとは思ったが、ある意味、それだけ気をはって仕事をしろとハッパをかけているわけだから
それなりに彼のやりかたには一貫性があるわけだ。

非核化を実現して、北も世の中の他の国々のようにまともに生活できる国をつくる。
それが金正恩の本音であり本気であると思う。
これからの道のりは、遠くはるかだけれど、
周辺の国々の協力を得ながら、朝鮮半島からの非核化が少しずつでも前に進んでいくものと確信する。
北は、非核化を進めない限り制裁が解かれないため、
必ずや非核化の道を歩んでいく。間違いない。

日本も静かに見守りながら北朝鮮の非核化の動きになんらかのプラスの発言、プラスの対応で
やっていってもらいたい。
北と米と韓国が仲良くなることに対して、常にイヤミなことばかり言っていると
あとあと日本だけ蚊帳の外においやられ、本当にガラパゴスになってしまう。
米朝会談の前にも、安部は北にもっと圧力を加えるべきだとかなんとかいって
順調な成功を腹の底から願うという姿勢に大きく欠けていた。
アメリカの腰巾着のような不甲斐ない態度でいてほしくない。
男は黙ってサッポロビールというああいう風采のあがる絵がなぜ描けないのか。

朝鮮半島からシベリア鉄道や中国側のシルクロードを経てヨーロッパに繋がる時代になることは
時間の問題。

日本が朝鮮半島の平和に何らかのお手伝いをしてはじめて
あなたも来てくださいと言ってもらえるものと思う。
イヤミばっかり言っていたら、あとで困るのは日本だ。そうならないでほしい。
日本がヨーロッパに繋がるには、朝鮮半島を通すしかないのだから。

スポンサーサイト

『永遠の0』と真逆の作品を

第71回カンヌ国際映画にて、『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞した是枝裕和監督。
是枝監督は、「ちょっと大きな、たとえば戦時中の話」のようなもの、
さらにいえば「満州を舞台にした」もののような映画をやりたいという思いをもっているらしい。
是枝監督の言う「満州を舞台にした戦時中の話」とは、いったいどのような映画になるのだろうか。
それは、百田尚樹原作の『永遠の0』のような右傾エンタメとは180度真逆の作品になることは間違いない。

というのも、是枝監督は、安易な国粋主義が広まった挙げ句、
グロテスクな歴史修正主義がまん延することになった現在の日本社会の現状を鋭く批判しているからだ。

「共同体文化が崩壊して家族が崩壊している。多様性を受け入れるほど成熟しておらず、ますます地域主義に傾倒していって、
残ったのは国粋主義だけだ。
日本が歴史を認めない根っこがここにある。

アジア近隣諸国に申し訳ない気持ちだ。日本もドイツのように謝らなければならない。
だが、同じ政権がずっと執権することによって私たちは多くの希望を失っている」(2018年5月18日付中央日報)


是枝監督が指摘する状況は、第二次安倍政権発足以降のここ数年一段とひどくなっている。
(日本国内で)太平洋戦争での日本の被害についてはしばしば言及される一方、
日本側が植民地で行ってきた加害については触れられることが減り、
それどころか、「南京大虐殺などなかった」といったような歴史修正が堂々と喧伝されるようにもなった。
それを扇動しているのが、安倍政権および安倍応援団たちであることは言うまでもない。

前述した発言のなかで是枝監督は「予算規模が大きいとか、テーマ的に難しいとかってことで、
自分のなかで寝かせている企画がいくつかありまして」と語っている。
これは単にお金だけの問題でなく、近年の日本における歴史修正主義の台頭の影響もあるだろう。
事実、保守化が進む言論状況のなかで、
日本側の戦争加害をストーリーのなかに組み込んだ映画をつくることは年々難しくなりつつある。

このような厳しい社会風潮にもめげず、
是非、是枝監督には『永遠の0』のような右傾エンタメとは180度真逆の作品を撮っていただきたい。

日本を愛するからこその立ち位置であって、決して「自虐歴史観」ではない。
日本が植民地でやらかしてきた加害について語ると、どうしても国粋主義者らは、「自虐歴史観」などという。
そうではない。
まともな歴史観をもてということだ。
そうしないと、世界に出て行って太刀打ちできない。
ガラパゴス日本。
その中にいてだけのことだったら、『永遠の〇』的生き方でも十分なのかもしれない。
しかしそんな料簡の狭い歴史観をだれが認めるというのか。
ドイツのように正々堂々と謝るべきはあやまるべしなのである。

日本を愛するが故の辛口歴史観を持っている人は、作家、言論人のなかではこの是枝監督の他に、
村上春樹、広瀬隆がそうである。
こういうまともな人たちがどんどん出てきてほしい。
まともなものこそ最期まで残るのであり、キネシオロジーテストをやってみても、
やはりパワーある結果となるのである。

ノーベル賞あるとすればトランプではなく文氏。

学術会議に出席するため韓国を訪問していたライシュ教授は5月25日、フェイスブックに
韓国滞在期間中に下した結論としながらそのコメントを明らかにした。

それは、最近緊迫の中で進んでいる米朝首脳会談の交渉と関連し、
「ドラマが繰り広げられる中で我々はドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長について
あれこれ聞くが、韓半島で持続的な平和が継続されるなら、
ノーベル賞を受賞する資格がある人物ならそれはトランプ大統領ではなく、文在寅大統領」というもの。

ライシュ教授は「過去数十年間、多くの大統領や首相と会ってきたが、
文大統領ほど才能があり、明晰かつ謙遜さらに進取的な首脳を見たことがない」とし、
非核化交渉をめぐって「崖っぷち」に追い込まれた米朝首脳会談を起死回生させるため、
積極的な仲裁外交を展開した文大統領の努力を評価した内容だ。

同教授はさらに、「文大統領は公正性と包容性、民主主義への献身的な政府を率いている」と
付け加えながら、
「気が短くて偏執狂的なトランプ大統領と金正恩が核戦争を起こすかも分からない不安な時期に、
文大統領が韓国の指導者という事実は世界にとって幸運」と書き、文大統領を絶賛している。

ライシュ教授(Robert Bernard Reich)は、アメリカ合衆国の経済学者、文筆家、カリフォルニア大学バークレー大学院教授。
『スーパー資本主義』『富裕な奴隷』などの著書でも知られている。
バラク・オバマ政権で経済諮問委員を歴任したこともある。

以上、韓国国民日報(http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0012390076&code=61131111&cp=nv)  を参照した。

"I shall go to Korea" 私が韓国に行く。

韓国の放送局の中でこれだけは中立だといえるのがJTBCという局だ。
この局のメインニュースが毎日午後8時からある。
下は、5月28日(月)にあったものを筆者のことばも補いながらご紹介したい。

"I shall go to Korea" 私が韓国に行く。

米国第34代大統領選挙日を十日後に控えた1952年10月24日、
共和党の大統領候補だったドワイトD・アイゼンハワーはそのように言った。
アイゼンハウアーはその年の初めまで、政治には何の経験もない政治の新人だったが、
彼が大統領候補にまで上り詰めることができた背景には、他ならぬ韓国戦争があった。
米国の国民たちは2年以上にわたり続いていた戦争に嫌気がさしていて、
これを察知した共和党およびアイゼンハワーは、
韓国戦争の名誉ある早期終息を実現するために韓国に直接行くと宣言したのである。

彼は選挙で勝利し、大多数の政治評論家たちは、後々、
「選挙はあの夜("I shall go to Korea"と言った日)、すでに終わっていたのだ」という評価を下した。
66年前の出来事である。

「首脳会談は開かれないだろう。気が変わったら連絡してくれ。」
こんな内容の手紙を先週の週末、トランプが金正恩に出していた。
その波動は韓国だけでなく、全世界を震撼させた。この天地をひっくり返すような「振動」は後日、
南・北・米政治史に再度、とんでもなく劇的なページとして飾りたてられるはずだ。

番狂わせに続く番狂わせ、わずか数日の間に、
今後、別の番狂わせが起きたとしてもそれほど驚かないくらいの耐性ができたとでも言おうか。

いわゆる大国大統領の一言一言に韓半島の運命が行ったり来たりはしたのをこの目でしかと見、
彼がまた何を言っているのか彼のツイッターを覗きこまなければならないこの現実...。
しかし考えてみれば、我々はいつもそんな不確実性の時代を生きてきたのであり、
これからの時間もはっきりしたことは何一つないという事実。

66年前、アイゼンハワーが政界に登場する前から始まっていた休戦交渉も、
2年という長い時間の間に160回近くも退屈な会談があったのだ…
古くてぶ厚い壁が一夜にして崩れ去るだろうなどという願いは、
最初から幻想かつロマン的な考えだったのかもしれない。

Go to Korea.
韓国に行って直接戦争を終わらせるつもりだと話したアイゼンハワーのその発言のように、
先週末、韓半島を揺るがしたその主人公たちもまた、我々が望むその場所で会い、
そんなに長くなるかもしれない交渉の時間を少なくともスタートだけはさせたことくらいにはなるのだろうか...。

話したい内容は、実はもう一つある。
アイゼンハワーの発言「Go to Korea」は、
当時アメリカ社会で流行語かつ慣用語になって、次のような意味でも使用されたと云う。
「Go to korea」=曰く「正面から難題と向き合い、突破する」。


きょうのアンカーブリーフィングでした。(ソン・ソッキー アンカー JTBC)

電撃的南北首脳会談

5月26日(土)、電撃的に南北首脳会談が開かれた。
金正恩委員長と文在寅大統領が北側の板門閣にて午後3時から約2時間ほどの対話を行なった。
北の金委員長から25日(金)、南側に要請があったとのこと。
文大統領はフンケイ(望むところと)OKしたという。

さきほど、ここ韓国で27日(日)午前10時から、文大統領が直接登場して
きのうの第二次南北首脳会談についてブリーフィングを行なった。
文大統領直接のブリーフィングのポイントは次のよう。
まず、金委員長は、朝鮮半島における完全な非核化について再度強い意志を示した。
非核化が完成するロードマップについては米との交渉になるため、
これについては文大統領は言及を控えた。
金委員長が一番心配しているのは、北が非核化をしたあかつきに、
米がほんとうに体制の保障と経済支援をしてくれるのかどうかということであった。
この点については、文大統領はトランプ大統領の意思を明確に伝えた。
つまり、北がほんとうに非核化に踏み切るならば、米は必ず体制の保障と経済支援を行なうということを。
そして、6月1日に再度南北首脳会談を行なうこと、
また6月12日の米朝首脳会談のための準備を6月のあたまくらいから米朝で進めていく。
南北は必要があるなら、今回のように格式を抜いてすぐにでも会おうということを約束した。

こういったあたりが、文大統領の報告の内容であった。
トランプがなぜ米朝首脳会談はしないといったのかについては、何の言及もなかった。
キム・ゲガンとかチェ・ソンヒの発言などをうけて、トランプが会談中止宣言をだしたのかもしれないが、
今のところトランプの一旦は「しない」といった動機・原因についてはまだ明確ではない状態だ。
しかし1日後にはまた「やる」用意があるとツイッターに書くなど、
トランプ一流のやり方で国際情勢をハンドリングしている。
27日現在の状況としては、トランプも金委員長も約束の6月12日の米朝首脳会談は
シンガポールで行なう雰囲気ではある。

韓国の野党の韓国党(保守派)のホン・ジュンピョという党首は、
文大統領の成功していく姿を見るのがとてもいやのようで、
ことあるごとにナンクセをつけて、南北および米朝首脳会談が失敗することを願うような発言ばかりしている。
韓国の危機状況ひいては朝鮮半島の危機状況を解決することができるかもしれないという現在において
なんで足をひっぱるような発言ばかりしているのか、その気が知れない。
狂っているとしか思えない。
金正恩のことを狂っていると見ている人間はあまたいるはずだが、
筆者からみたら、金正恩は正常である。
狂っているのはホン・ジュンピョとかそれに順ずる文氏の成功をカタハライタシと感じている連中だ。
当事国である韓国の中にもこういう輩がいるというのは、
情けないことであるけれども、どんな立場でも存在できるという自由の証でもある。

米朝首脳会談中止ということで、一旦は地獄に落ちたような雰囲気だった韓国が
またまた息を吹き返した格好だ。
これから6月12日まではそれほど日数はないが、またどんな変数が生じるとも限らない。
とにかく今のところは、今回の26日の第二次南北首脳会談の成功をはずみに
米朝会談の成功を祈るばかりだ。

地球規模で見ても、今ここ朝鮮半島が熱い。
多くの人の応援が必要なときだ。
日本にいるわたしの友人たちにも、応援の祈りをお願いしている。
多くの友らは、それに応えてくれて成功を祈るというメッセージをわたしに送ってくれている。
うれしいことである。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (109)
学生エッセイ (87)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (58)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (11)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング