天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

ダンナ

帰りが遅いと心配で...
そばにいると、もどかしく...

家に着くや否や寝たら寂しく...
横になってゴロゴロしているといらいらし...

話しかけられると面倒で...
話しかけてくれないと気分が悪い...

横になっていると、出て行けと言いたいし...
出かけていれば、気になり...

遅く帰ると頭にくるし...
早く帰れば訳もなくむかつく...

とても不思議で
とてもミステリーな存在...ダンナ!                                            ゴ・ギュユン



ダンナ(남편、ナンピョン)という詩だ。
作家はゴ・ギュユンという人。発音がちょっとしにくいかもしれない。(漢字の綴りはわからない。)

男尊女卑の儒教的思想の強いお国柄だったけど、
最近の韓国は、かなり様変わりしている。
ダンナの居場所がなくなっているような。

でも、名節(お正月とか秋夕)のときは、まだまだ女性たちの苦しい時だ。
あしたから韓国のお正月(ソル)がはじまるけど、
テレビなどでは毎日、オリンピック放送の合間をぬって、
シジp(ダンナの実家)やシオモニ(姑)の話題で持ちきりだ。

「シジp」というのは、シジプと書いてもいいのだが、シジpという綴りのほうが原音に近いので
こんなふうに書いた。

「シジp」の「シ」というのは、媤という漢字の語で、「夫の実家」の意である。
日本では使っていない漢字の語だ。
韓国語の発音が媤=シ。
シオモニの「シ」も勿論この媤。オモニは母の意。つまりシオモニは夫の母=義理の母の義となる。
韓国では、とにかくこの「シ」が嫌いだというフレーズがある。
「シ」のついたものはなんでも嫌い!っていう。

結婚した女性にとっては、この媤は、大きなストレスとなる概念である。
この点、日本はそれほどではないはず。
夫婦によってはシオモニと嫁さん(ミョヌリ)との葛藤が厳しい家庭もあるかもしれないけれど、
韓国のそれに比べたら「へ」でもないと思われる。

嫁さんに対して「毎朝、電話しないさい」というシオモニが日本にいるだろうか。
何の電話? 
ご挨拶の電話だ。
内容なんかはどうでもいい。とにかく「今日もお元気ですか」という電話だ。
しかもこういう家柄は韓国では今でもけっこう多いみたいだ。

シオモニvs嫁さんというのは、女vs女ということで
それでなくてさえできれば声も聞きたくないというのが本音ではないだろうか。
それを毎朝電話せよ、だって?
いくら文化とはいえ、こういうのはできればなくなってほしい文化だと
男のわたしでも思う。

成人した息子を独立した人格として認めるなら、こういう現象は起こらないはずなのだけれど。
いつまでたっても息子は自分の所有物、と考えているから
その奥さんに対しても、自分勝手になんでも言ってもいいし、やってもいいと考えるような。
ことに娘をもつ親としては、こういう文化はできれば早晩なくなってほしいものだ。




(詩の原文)

늦으면 궁금하고...
옆에 있으면 답답하고...

오자마자 자면 섭섭하고...
누워서 뒹굴거리면 짜증나고...

말 걸면 귀찮고...
말 안 걸면 기분 나쁘고...
 
누워 있으면 나가라고 하고 싶고...
나가 있으면 신경 쓰이고...

늦게 들어오면 열 받고...
일찍 오면 괜히 불편하고...아주 이상하고
무척 미스테리한 존재... 남편!



- 고규윤 - 
                        출처: http://helenaclinic-gangnam.tistory.com/893

スポンサーサイト

平昌五輪 開幕


PYH20180205 Olmp 

ソウルオリンピック(1988年)からちょうど30年後にあたる今年2018年2月9日、
韓国の平昌(ピョンチャン)で冬季オリンピックが開かれる。開幕はきょう2月9日(金)の午後8時。
2月25日(日)までの17日間熱戦が繰り広げられる。

平昌は韓国の東北部にある江原道にある郡である。
山間の町で人口は43700人ほどの小さな町だ。ここに世界92か国から2920人の選手がやってくる。
最大規模は米国。
米国オリンピック委員会(USOC)は平昌冬季五輪に242人(男子135人、女子107人)の選手を派遣する
予定。2014年ソチ五輪(222人)に比べて20人多い。歴代の冬季五輪に参加したどこの国の選手団より
も多いということだ。

日本もソチ五輪選手団(113人)より10人多い123人の選手を派遣する。
1998年の長野大会(166人)に比べると少ないが、過去2番目に多い。日本は今大会で9個以上の
メダル獲得を目標にしている。


国家的なドーピング波紋のため個人の資格で出場するロシア選手は169人。
ロシアの国旗と国歌はもちろん、ロシアという国名も使用できない。「ロシア出身選手」(OAR)という名称
を使う。また、今大会にはナイジェリアやエリトリアなどが初めて冬季五輪に出場する。

開催国の韓国は、145人の選手が出場する。
スピードスケートなど一部の種目で調整される可能性があるが、歴代最大規模となるのは確実だ。
ソチ大会には71人が出場した。北朝鮮からは南北合同チームを結成したアイスホッケー12人や
フィギュアスケートなど5つの種目22人が参加する見込みだ。

こちらでの話題はなんといっても女子アイスホッケーで、北と南の合同チームが誕生したこと。
若い世代を中心に韓国の多くの人が反対していた(80%以上が反対)が、
いっしょに練習する姿や北朝鮮選手の誕生パーティの画像などが流れた今は、反対するムードはかなり
静まったようだ。やることになったからには、一生懸命練習してがんばれよということであろう。

合同チームとも関連して、開会式のときに韓半島旗(統一旗)という水色の旗を北と南の選手が
いっしょに掲げて入場することになった。
北と南の融和の雰囲気を醸し出そうというわけだが、
韓国の野党からは「ピョンチャン(平昌)五輪じゃなくて、ピョンヤン(平壤)五輪」をやろうとしているのかと
いった野次がとんだりもした。
これは、合同チームを作ったり、韓半島旗で入場したりということのほかに、
あまりにも北の言いなりになる現韓国政府与党のやり方を批判する意味合いもあった。
腫れ物にさわるような態度で接していることに嫌気が差したのであろうけれど、
韓国の与党としてはそれもせんかたなしといったところだ。

チケットの売れ行きも心配されたけれど、ほとんどは売り切れみたいだ。
日本人の友人(会長の秘書)の話によると、男子フィギュアを見ようとチケットを買おうとしたら、
プレミアムがついて1枚25万円という途方も無い価格。それも韓国内では1枚もなくて日本でなら、
この価格ということ。しかしすぐ買えとの指示。30枚ほどを即決で買ったそうだ。
たぶんその会長の関係者が選手としてでているのであろう。

開会式はいよいよ今日2月9日(金)の午後8時だ。今年はいつになく寒い韓国。
先日は筆者の住んでいる天安でも最低気温がマイナス20.9度を記録した。
平昌はここよりはずっと寒いのでそのときはマイナス22度か23度くらいだったかと思う。
今日9日はきのうまでと比べてかなり気温が上がり、夜8時の予想はマイナス5度くらいだ。

開閉会式場は開放型構造なので、観覧客は寒さにそのまま露出するほかはないけれど、
ホッカイロみたいな暖を取る何らかの品が準備さえていれば、
これくらい気温ならまあ、なんとか問題なく楽しめそうである。

北朝鮮の軍事パレードが2月8日、開会式の前日に平壤で開かれた。
本来は4月にあったものを、今年は2月8日と決めたらしい。
大向こうを威嚇する軍事パレードを「観覧」したあとの五輪開会式。
気分のいい韓国人は一人もいないが、アメリカの強気の姿勢に若干けおされたのか、
去年は3時間やったのに今年は1時間とちょっとくらいで終わったという。
新型ミサイルなどの行進も予想よりははるかに少なく「ミニ行進」といった感じだったみたいだ。

平昌五輪後の行方(北朝鮮問題)がかなり気になるところではあるけれど、
なにはともあれ開催までこぎつけたことをお祝いし、17日間の熱戦の成功を祈る。

ムーミン世代

現代の韓国の若者たちの世相の一つとして、「ムーミン」というのがある。

最近の若い層で「意味の無いプレゼント」のやり取りが流行だ。
相手が必要だったり好きそうなものを選ぶ代わりに、最大限「使い物にならないもの」を探して送る。
休息する時は、波が打ち寄せる場面など意味もなく単調な映像を見る。

若者たちは自らを「ムーミン世代」と呼ぶ。
「ムーミン」とは、「無い」の「無」と、英語で「意味」をあらわすミーン(mean)を合わせたことばだ。
「意味のあることをしなければならないという強迫観念から逃れたい」と訴えているわけである。
ちなみに韓国語でも「無」は「ム」である。

大学生ヂョン・ソヒョン(22)氏が家に来て真っ先にすることは、「無刺激映像」を見つけることだ。
ヂョンさんは主に猫が一人で遊ぶ場面などを一日中放送しているユーチューブチャンネルを見ている。
声はほとんどない。
ヂョンさんは、「ぼーっとして時間を過ごしていると、緊張が解ける」と語る。

ムーミン世代は無刺激、無脈絡、無爲休息などを追求する。
相手が喜ぶプレゼントを選ぶ過程そのものがストレスという考えから、相手にとって意味のないプレゼントをする。
草履を作る材料、縮地法教本(注1)、レンガといったものが「ムーミン世代」向けのお勧めプレゼントとして人気だそうな。
 
休む時にも意味を探さず、考えない。
おいしい店をあさったり、旅行をするのは禁物だ。
金魚鉢の中の魚が歩き回ったり、焚き火が燃え上がる映像を見ながら、ぼうっとしている。

「モンテリギ」というイベントがある。
「モン」は「ぼーっとしていること」といった意味であり、「テリギ」はそれを楽しむほどの意味である。
したがって「モンテリギ」は、「ぼーっとしていることを楽しむ」といった義となり、
このイベントに参加した人は、3時間くらいを草むらの上などでただ「ぼーっと」しているのである。
賞もあるという。
見た目にもいちばん「ぼーっと」としていた人が表彰されるわけである。

筆者もムーミン世代なのかも?

猫がじゃれるユーチューブや、お母さん猫やお母さん犬が、自分の赤ちゃんでなく他人(他の動物)の赤ちゃんに乳を与える
チューブなどを見て楽しんでいる。
きのうは、お母さん虎が豚の赤ちゃんに乳を与えているチューブをみた。
豚の赤ちゃんを大きくしてあとで食べるんじゃないの、なんていうブラックなコメントもあったけど、
たぶんそれはないだろうと思う。

最近は、秋田犬(あきたいぬ)のチューブを見るのが楽しみだ。
秋田犬ってこんなにかわいいものかと、最近になってはじめて知った。
わたしは本来「猫派」なのだけれど、秋田犬を知ってからはこの犬だったら「猫派」も「犬派」もないな、と思った次第だ。

注1:縮地法というのは、瞬間移動の忍術みたいなもの。現実的にはたぶん無理なんだと思う。
  したがって縮地法教本というのは、日本でいえば忍者の巻物に相当する。
注2:ムーミンの記事は、朝鮮日報(20180124付け)を土台としている。

¶ 日本の「道」 _ 学生エッセイ87

学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその87回目で、男子學生 Y H G  さんの作品です。


<日本の「道」>
 僕が考えている日本文化の特徴の一つは’道(どう)’の文化だ。日本は他の国の人が見ると簡単に見えることまでも意味を探して、それをずっと練習する人もたびたびみえる。
  例えば、日本の’香道’がそうだ 。’香道’は平安時代、海外から来た香木と日本の香木の香りを区分する’道’であった。
この文化は韓国では聞いたこともなく、日本独特の文化としてこの内容を教わた時、「こんなことまで道で作ったのか」と考えたほどだった。
 上の例の通りで、日本はいろんな仕事を練習するし、この中で意味を探す。香道だけではなく、武道、茶道、書道なども日本の’道’の文化をよく表しているものと思う。
もちろん韓国や、中国でも’道’という文化はある。しかし、日本の’道’は別の特徴がもうひとつある。それは仏教と関連しているということだ。
 日本の’道’は仏教の’悟り’ということが混ざっている。それは昔の武士階級の人たちが中国からきた仏教の中にある「修練を通じて自身を鍛錬し、それで悟りを求める。」ということが自分たちの武道の価値観と合うことだと考え、それを受け入れたといわれている。
  このように、日本の’道’は日本だけのことだけではなく、ほかのものも受け入れながら日本の生活に染み込んでいる一つの文化として変わって来たといっても構わないだろう。


<일본의 도>
내가 생각하는 일본문화의 특징중 하나가 ‘도’라는 문화이다. 일본은 다른 국가의 사람이 본다면 간단하게 보이는 일에도 의미를 찾고, 그것을 계속 연습하는 사람이 종종 보인다.
예를 들면, 일본의’향도’가 그 중 한 가지이다. 향도는 헤이안시대, 해외에서 수입한 향목과 일본향목의 향을 구분하는 ‘도’였다.
이런 문화는 한국에서도 들은적도 없고, 일본특유의 문화로써 ‘도’를 배웠을때”이런것까지 ‘도’로 만들었었구나.”라고 생각했을 정도였다.
위의 예시대로일본은 여러가지 일을 연습하고 이 안에서 의미를 찾는다. 향도뿐만 아니라 무도, 차도, 서도등도 일본의 ‘도’문화를 잘 알수있다.
물론 한국이나 중국에서도 ‘도’라는 문화는 있다. 그러나 일본의 ‘도’는 그 외의 특징이 한가지 더 있다.
그것은 불교와 관련되어 있다는 것이다.
일본의 도는 불교의 ‘깨달음’이라는 것과 조합되어있다. 깨달음은 과거, 일본 무사계급의 사람들이 중국에서 온 불교의 가르침에 있는 “단련을 통해서 자신을 단련하고, 그것으로 깨달음을 구한다.”라는 것이 자신들의 무도의 가치관과 닮아있다고 생각해서 그것을 받아들였다고 말해지고 있다.
이렇듯, 일본의 ‘도’는 일본만의 것이 아니라 그 외의 것도 받아들이면서 일본의 생활에 스며들어있는 하나의 문화로 변해왔다고 해도 문제가 없을정도가 되었다.

通度寺

2018年1月1日は、山歩きする友といっしょに慶尚南道 梁山(ヤンサン)市にある「通度寺」に行ってきた。
わが妻の故郷・慶州と釜山の間あたりに位置する。通度寺は「トンドーサ」という発音。
韓国の三大寺の一つで釈迦の舎利がある。
                                                                  
Tongdosa001.jpg  Tongdosa01.jpgTongdosa02.jpgTongdosa03.jpg


ちなみに他の二つは、陜川・海印寺(ヘインサ)と順天の松広寺(ソングァンサ)。
海印寺には有名な「八万大蔵経」(パルマン デヂャンギョン)がある。

12月31日の夜からテンプルステイでわれわれはこの寺に宿泊した。
年越しに家の外にいたことは今回がはじめてのような気がする。
お釈迦様のいる場所だから、家族にも大きな反対もされずやってくることができた。男3人。
寺の中にある宿泊施設では、日本語や英語や中国語などいろいろの言葉が聞こえてきた。
日本人をはじめ外国人らがたくさん来ていたのである。
韓国のお寺のテンプルステイは、外国人からも人気があるがこの通度寺はまたさらに人気のスポットだ。
31日の午後5時半ごろに精進料理(肉は一切なかった)をいただき、
午後7時ごろから説法殿でお坊さんらの導きで経をあげる。
われわれは口パクだったが、そばにいるおじいさん、おばあさん、そして若い女性らが
お坊さんたちと同じくらいの水準で般若心経だけではなく、いろいろの経を途切れることなく口ずさんでいた。
これには驚いた。仏教徒としてはかなりのレベルの人たちなのだろう。
年末年始にお寺を訪れて経をあげるくらいの人たちだから、それもむべなるかな、である。
われわれはもぐりだけれど。

今回の圧巻は、1月1日の午前3時ごろから行なわれた「鐘突き」である。
                        
Tongdosa04.jpg Tongdosa05.jpg


写真にもあるように、人の背丈よりも高いくらいの鐘をつくのである。
テレビでは何度も見たことはあったけど、実際に目の前で見るのは今回がはじめて。
動画にもとったので、実際の音を聞いていただきたい。

(容量が大きすぎてブログにアップできなかった。
もしお聞きになりたい方があったら、コメント欄にメールアドレスをカキコしてください。)

胸板まで大鐘の振動が伝わり、体に心地よい波動が生じ気分はすこぶるいい。
宇宙へと通ずる波動となっている感じだ。
外はマイナス10度くらいの気候だったけれど、鐘の音に聞きほれてしまい、寒さは感じなかった。
二階に大太鼓も見えるが、これもお坊さんたちが順繰り順繰りついていくのであった。
一人が3分くらいつくと、次の坊さんが待機していてさっと二人でたたく格好になり、
元の僧がどいてやると今入った僧一人で3分ほどたたき、また次の僧が入るという具合。
これも見物だった。動画ではとってなかったけれど。

2018年、戊犬(つちのえいぬ)年、元日の通度寺の大鐘の音から、われわれの一年は始まった。
多難が予想される2018年。でもこの鐘の音のようにあっぱれな一年となってほしいところだ。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (99)
学生エッセイ (87)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (57)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (11)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング