FC2ブログ

天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

日本の街_ 学生エッセイ89 

学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナー。
今回はその89回目で、女子學生 B S H さんの作品。(久しぶりとなる)。
<日本の街>
留学として初めて日本に行ったとき、桜が盛りの3月末のことである。
重たい荷物を持って不安でドキドキする気持ちで行き先行きの電車に乗った。
電車は間違わっていないか、降りる駅は過ぎてないのか、駅に着くと迎えに来た大家さんとはちゃんと話せるのかなど
いちいち気になって焦っていた。そんな中、ふと車窓の風景を眺めた。
線路に沿って桜の木が並んでいて、その後ろには写真だけで見た日本の木造住宅が桜といっしょに並んでいた。
私が想像していた日本そのままの姿だった。暫くの間その景色に魅せられている間、いつの間にか電車は駅に着いていた。
日本に来てから初めての週末。友だちと自転車に乗って家の周りを見回るついでに散歩に行った。
街のあっちこっちを歩き回りながら写真を撮ったり、コンビニに寄って食べたかったプリンを食べたりした。
そして自転車に乗って気持ちいい風に当たりながら走り着いたところは新川という川だった。
満開の桜が川岸に沿って長く並んでいて、その下で花見に来た村人たちが家族や友達とお弁当を食べたり、
お酒を飲んだりするのも見られた。
私たちもその川岸に沿って歩きながら写真を撮ったり、すれ違う人に声を掛けたりした。
ここに来てから有名な街と観光地、大勢の人からすすめられた場所など色んな所へ行ってみたが、
偶然に通り過ぎて出会った村の街と新川ほど記憶に残る場所はない。
韓国に戻ってきてからもちょいちょい懐かしくなるほどあの風景だけはまだ鮮明に覚えている。


<일본의 거리>
교환유학으로 처음 일본에 갔을 때, 한창 벚꽃이 피기 시작한 3월 말 무렵이었다. 
무거운 짐을 들고 설렘과 불안한 마음이 뒤섞인 채로 숙소로 가는 지하철을 탔다. 
지하철은 제대로 맞게 탔는지, 내릴 역은 지나지 않았는지, 역에 도착하면 마중 나온 숙소 호스트와는 제대로 이야기할 수 있을지 등 
하나하나 신경이 쓰여서 초조해 하던 와중, 우연히 차창 밖을 바라봤다. 
기찻길을 따라 벚꽃나무가 늘어서 있고, 그 뒤에는 사진에서만 보던 일본의 목조주택이 벚꽃과 함께 늘어서 있었다. 
내가 상상한 일본 그대로의 모습이었다. 한동안 그 풍경에 매료되어 넋을 잃고 바라보는 사이 어느새 전철은 역에 도착해 있었다.
일본에 도착하고 처음 맞는 주말. 같이 유학 온 친구와 함께 자전거를 타고 숙소 주변을 둘러볼 겸 산책을 나갔다. 
골목 여기저기를 다니며 사진도 찍고 편의점에 들려 꼭 먹어보고 싶었던 푸딩도 먹었다. 
그리고 자전거를 타고 따뜻하고도 시원한 바람을 맞으며 달려 내려온 곳은 ‘신’이라는 이름이 붙은 강가였다. 
만개한 벚꽃이 강가를 따라 쭉 늘어서 있고, 그 밑에서 꽃구경을 온 동네 주민들이 가족이나 친구와 함께 
도시락을 먹거나 술을 마시는 모습도 보였다. 우리도 그 길가를 따라 걸으며 사진을 찍거나 스쳐 지나가는 사람에게 말을 걸기도 했다.
이곳에 오고나서 유명한 거리나 관광지, 많은 사람들이 좋다고 추천해준 곳 등 다양한 곳에 가봤지만, 
우연히 지나가다 만난 동네의 거리와 신강 만큼 기억에 남는 곳은 없었다. 
한국에 돌아오고 나서도 가끔 그리워질 정도로 아직도 그곳의 풍경만큼은 생생히 기억하고 있다.   
スポンサーサイト

雪嶽山(ソラクサン)に登ってきた。

韓国人の友と二人、一泊二日で雪嶽山に登ってきた。
この山は韓国ではもっとも有名な山の一つだ。1708メートル。

日曜日午前6時のバスでソウルまで行って、ソウルから雪嶽山の登山口であるハンゲリョン(寒溪嶺)まで。
ハンゲリョンには10時半ごろ着いた。
山登りの準備をして10時45分ごろに出発。
案内では5時間半ぐらいで山荘につけるとあったが、
実際に歩いてみると7時間半かかってしまった。
午後6時まで山荘に着けないと予約はしてあっても「はい、きょうは泊まれません」と
言われるという話だったので、ちょっと焦った。
ハンゲリョンからかなりの早足で歩いてはじめて5時間半であろう。
われわれもそんなにゆっくり歩いたはずはないのだけれど、
なんと7時間半。午後5時55分、つまり6時ぎりぎりに着けた。
われわれだけかと思ったら、1分後に男女の若者夫婦が到着した。
われわれと見るなり、「ハンゲリョンで、ちょっと遠くからお二人のこと見てました」とことばをかけてきた。
おっ、そうか。
われわれ、見られていたのか。ちょっと驚いた。
年配のオヤジ二人が1708メートルの雪嶽山に登るということに、ちょっと奇異の感がしたのだろう。
山荘の窓口に立ちながら、
「ネットの表示は嘘ですよね。5時間半では絶対にここまで着けないですよ」
とわれわれと同じことを口にしていた。
オヤジ二人も同意、同感。意気投合した次第だ。
山の6時はほぼ真っ暗だ。日本より1時間遅いとはいってもやはりほぼ真っ暗だった。
午後1時ごろ出発していたら、かなりやっかいなことになっていたわけで、
表示の時間をもう少し正確に書いておいてくれとは言っておいたものの、
直してくれたかどうかはわからない。
夜は8時に消灯。山荘の電気が全て消える。
しかしフラッシュやケータイの明かりモードで、そこここで、ごそごそと音はしている。
疲れきったオヤジ二人はすぐさますやすやモード。
夜中の12時ごろトイレに立ったとき、かすかに雪がひらひら。
吾妻山(天元台)を思い出した。
あしたは朝はやくに山荘を出て、頂上のデチョンボン(大青峰)に行く。
アイゼンが必要かなと思ったが、朝になったら雪は完全にやんでいて
アイゼンの必要はなかった。
5時半に起床。朝飯はラーメンライス。バーナーは友が一セットもってて、
山に行ったときはいつも彼の道具でメシを食う。ありがたい。
頂上である大青峰の日の出は7時くらいのはず。
山荘からは大青峰まで40分ほど。
急いで歩みをはじめた。
大青峰についてみると風もほとんどなく穏やか。                                          20181112_雪嶽山日出   朝日に立つ筆者。
下界を一望におさめて、すたこら下山だ。                                                   20181112_설악산일출2 山頂の岩
出発地点のハンゲリョン(寒溪嶺)ではなくオセクヤクス(五色藥水)という場所に向かう。                    二つは友が撮った写真。
5時間ほどの下山路程だった。
日頃スクワットなどで脚を鍛えているおかげか、
帰宅して、翌日の授業もなんなくできた。
身体は常に鍛えておくに越したことはない。そんなことを実感した雪嶽山路程だった。
山はいつ行ってもいい。
「山は山、川は川」という名言を残したソンチョル・スニム(お坊さん)のことばが偲ばれる。
                                                                                                                                             20181117Seoraksan_.jpg 
                                                                         
                                                                                                  雪嶽山は、こういう切り立った岩が魅力の山だ。
                                                       いたるところこんなふうに恐竜の背中のような岩のぎざぎざでできている。
                                                                      ここから写真をお借りした。(景色を写した写真が少なくて;;;)

私の好きなもの_ 学生エッセイ88

ソウルで会社勤めをしている娘が今週(天安に)帰って来て、あれこれしゃべっていたら
筆者が大学の講義で出した課題に興味を持って、自分でも書いてみると言って書いたもの。
テーマは「わたしの好きなもの」。わが娘ながら、まあまあの文章だと思う。
もう学生ではないのだけれど、だいたい年代がそうなのでこのカテゴリに入れた。


「わたしの好きなもの」

歳をとるにつれて好きなものが増えてくる。
最近は山登りが好きになった。

子供の頃から山に行く機会は何回かあったが、しょうがなくついて行った感じだった。
とくに中学・高校時代の私には山登りが「克己」のような概念だった。
勉強に向けて集中するためにわざと山に登ったりして覚悟を決めたことがあるくらいだった。

だが、その山登りがいきなり好きになった。
きっかけはたぶん、今勤めている会社に入ってすぐのワークショップだと思う。
「五臺山(オーデサン)」という国立公園に行ったのだが、規模も大きいし、ちょうど10月の紅葉の時期だったので絶景だった。
いい気分で歩いていたらスムーズにウォーミングアップができ、あとは加速して先頭グループになっていた。
何百人かのおじさんたちと比べても私の山登り力が負けないってことが分かって嬉しかった。
多分その時に山登りに対しての私の恐怖感または拒否感が減ったと思う。

その後から春、夏、秋に山登りに行っている。冬の山はこれからだ。

山登りがどのくらい好きかというと、
「男が愛に落ちたときの気分がわかるようになった」くらいかな。
行こうとしている山がどんだけ遠く離れていても全くめんどくさがらずに行ける。
その山からの景色はどうだろう、そこのコースはどんな難易度だろう、その高度はどんな達成感を与えてくれるだろう、
と好奇心をもって行ける。

今年は7200歳の杉の木が観れる9時間トラッキングコースのある屋久島観光に行ってきた。
普段山登りで体力を鍛えていたので無事に成功した。
自然好きな人には屋久島を強くお勧めする。いわゆる「迫力ある自然に囲まれた気分」がわかる‼︎

私が思う山登りの魅力は「自分の成果が一番早く目に見える運動」と「自然の美しさを満喫できる運動」という点だ。
どんな運動でもいくら痩せたのかはそんなに簡単にはわからない。
だが山登りは少なくとも頂上から見る景色で自分が登って来た高さがわかる。
登り甲斐(がい)もすごい。
あと、木、岩、草、花などの自然と触れられるし、美しい色合いも見れるのが嬉しい。
そういった自然を見ていると自動的に神さまに感謝の言葉を捧げるようになる。
こういう自然に囲まれている街に住めること、自然地形を創造してくださったこと、
健康な足で登れること、自然の美しさがわかることなどに感謝する。

周りに「週末には山登りに行きます」というとみんな「体力がすごいね」と言いながらびっくりする。
でも山登りをしたらむしろ元気になって月曜病がなくなる。
山から元気をもらうようだ。普段めんどくさがったことも山登りのあとにはスムーズにできる。

山登りのコツは「最初はゆっくり」だ。始めから思いっきり進むと乳酸が出て筋肉にすごい負担がかかる。
いくら慣れている人でも最初から無理をすると体が重く感じれれる。
準備運動のストレッチをしてゆっくり登れば、だれにでも山登りの魅力を分かってもらえると思う。
今週、あなたもいかが?

エジプト分数

数学の話題が続くが、今回はエジプト分数というもの。

分子が1になる分数を単位分数というが、
ある分数を単位分数の和で表したものをエジプト分数であらわすというらしい。

例えば、 7/15のエジプト分数を求める場合を考えてみよう。

7/15より小さい最大の単位分数は1/3なので、まずこれを引いて

7/15 - 1/3 = 2/15

次に2/15よりより小さい最大の単位分数は1/8なので 1/8 を引いてやって

2/15 - 1/8 = 1/120

でこの 1/120 は単位分数となったのでここまでにして、答えは

7/15 = 1/3 + 1/8 + 1/120 

とあらわせた。これを称して 7/15 を「エジプト分数であらわした」という。


どんな分数でもこの単位分数で表せるというからちょっとおもしろいんじゃないだろうか。

筆者もこの方法でいろいろやってみたが、
実際すべての分数は単位分数で表せるみたいだ。

例題として
① 3/5

② 4/5

③ 6/7

④ 9/20

⑤ 12/25

などをやってみてはいかがだろうか。(かなり閑人でないとできないかも。答えは次回のアップにて)。 

本庶佑氏_ ノーベル医学・生理学賞

京都大がまたやりました。
本庶佑(ほんじょ・たすく)氏がノーベル医学・生理学賞を受賞。
京都大ゆかりのノーベル賞を受賞した研究者は10人となった。
京大の受賞者はすべて自然科学分野で、同分野だけで比較すると東大の5人を抜く7人。
西の最高学府に位置づけられる京大は、「自由な学風」として知られ、これまでに世界的な研究者を生み出してきた。

なんといってもすごいのは、1949年のノーベル物理学賞の湯川英樹だ。
廃墟の日本に、生きる勇気と力を与えるのに、これ以上に偉大なものはなかった。
湯川英樹のノーベル賞から日本のノーベル賞の歴史がはじまった。
ノーベル賞をもらう少し前のこと。
米国で勉強している湯川の部屋にアインシュタインが入ってきて、
涙ながらに「申し訳ない」と謝罪したという。

(湯川の妻・スミさん言:
「部屋にくるなり、私たち二人の手をとって、涙をポロポロと流しながら、
自分が研究したことが原爆になってつみもない日本人を殺すことになって申し訳ないと言って泣いた」)。

1945年8月の原爆(広島、長崎)投下に対する研究者としての最大の良心からだった。
ナチスに先をこされるとやばいと考えたアインシュタインは、
米大統領に原爆の製造を提案する。
それがすぐ形となったのはいいのだが、
実際に落とされたのは日本だった。
アインシュタインの考えとはまったくちがった結果となったわけだ。

自分が理論を作り(E=MC2)、申し立てまでした原爆。
悪を潰すためのものとばかり考えていたのだが、
いざ使われてみると、それは悪(ナチス)ではなく日本だったわけだから、
アインシュタインの心に中には消そうにも消しきれない悔悟の念が渦巻くことになる。

湯川を訪ねて、涙を流しながらお詫びをし、申し訳ないと訴えたアインシュタイン。
本当の科学者だと思う。

アインシュタインは晩年、量子力学に対する反発が強く、
今の物理学を引っ張る量子力学をニセモノと見ていたフシはあるけれど、
そこは、アインシュタインも人間。
間違いもあるということだろう。

アインシュタインは死に臨んでも、墓を作らないよう家族らに伝えたという。
遺灰は、川に流すだけでよいと。
遺骨は散骨されたわけだがそこに参拝者が訪れることを防ぐために、場所は公表されていない。
プリンストンのどこか近くの川に撒かれたという。彼の墓は作られていない。

靴職人でもしながら、あちこちを流浪する人になりたかったという
アインシュタインの子供のころの「夢」をどっかで読んだことがあるけれど、
最後まで一介の葦として、雑草として生き抜いた偉大なる物理学者であった。
いつの間にかアインシュタインの話になってしまったけれど、

本稿のまとめ。
日本人のノーベル賞受賞者は、2017年のカズオ・イシグロ氏(文学賞)を含めると27人となった。
カズオ・イシグロ氏は日本国籍ではないから実際には26人ということになる。
さらに南部陽一郎氏、中村修二氏は国籍を米国に変えているので、これも除くと24人。
(でも、ま、そんなことはどうでもよいか)。

本庶佑氏が朝日新聞のインタビューで語った、学生時代から追求してきた人生の価値という「6つのC」は、
好奇心(Curiousity)、
勇気(Courage)、
挑戦(Challenge)
確信(Confidence)、
集中(Concentration)
連続(Continuation)」。

だという。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (112)
釜山さむらい (11)
学生エッセイ (89)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (59)
詩 (12)
数学 (13)
サッカー (12)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (33)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング